‘日記’

感謝にこそ、逆転の発想で

2011/08/28 Categories: 日記

今日、四歳ぐらいの子どもが祖母らしき人に叱られ、救いようもなく追いつめられているのを見た。子どもが大人に傷つけられているのを見ると、いつも胸が痛む。

ふと僕は、「なぜこの人は孫に感謝しないのだろうか?」 と不思議に思った。

何があって叱っているのかはわからない。しかし、自分が祖母でいられるのは、この孫のおかげではないか?

子どもは親に感謝すべきだという儒教思想がある。でも、何ごとも逆転の発想をするアマノジャクな僕としては、逆に考える。

親は、子どものおかげで親になれた。言わば、子どもに親にしてもらったんだから、子どもに感謝するのが、むしろ自然ではないか? と思うのだ。

ついでに、すべて逆転の発想でいこう。NPOユニは、「おかげで自分たちの存在意義があります」と支援先に感謝する。先生は、「おかげで、先生でいさせてもらえます」と生徒さんたちに感謝する。

感謝にこそ、逆転の発想が必要だ。

それはなぜか? 感謝は人の心を最も豊かにする感情の一つである。しかし、私たちの無意識は誤解しているのだ。

どう誤解しているのか? 私たちは、「エラい人に対して感謝する」のが感謝だという風に、心のどこかで思っている。

それは、長い間の人類の刷り込みによる、思い込みというものである。

おそらく、権力者が下層階級の人間に「おまえたち感謝しろよ。おまえ達は王様のおかげで暮らせるんだから」となどとノタマワって感謝を強いて来たからに違いない。本当は、下層階級の人間の働きによって、王様は生かされていたに過ぎないのに。

旧ソ連でも、子どもが幼稚園で最初に覚える言葉が、「同志スターリン、ありがとうございます」だったというから、権力者という奴は、常に民衆に感謝を強いるものなんだろう。それだけ不安ということなんだろうが、全くしょーもない。

言うまでもなく人類は、一握りの権力者とその周辺の貴族以外は、みな下層階級の人間だった。だから人類一般の無意識は、“お上に媚びへつらうのが感謝である”という風に思い込んでいるのである。

そこで、だ。親や教師など立場の強い者が、子どもや生徒など立場の弱い者に対して感謝する。そんな風潮が生まれれば、誰もが感謝できるような、豊かな社会が生まれるのではないかと、何となく思うのである。

僕はそこで、ようやくわかったのだ。なぜ、インドの乞食があんなに威張っているかが。

インドで乞食にお金をあげても、「少ないからもっとよこせ」と当然のような顔で言われることも、平気でよくあった。そのたびに、腹を立てていたワタクシが間違っておりました〜。

いやー、やっぱりインドは深い!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
25年ぐらい前のもので申し訳ないが、写真は、

毎日会っている内に友だちになった、乞食のおじさん。
けっこう人気者で、足が不自由で歩けないのに、なぜかインドやネパールを旅していた。
「返すからお金貸して」と言われて貸したら、本当に返ってきた。
まさに、インド人もビックリ!
0
Posted in 日記 |

返答に困るのもあり、楽しいレポートもある、海外からのメール

2011/08/21 Categories: 日記

今日も、海外から来たメールへの返信で、午前中いっぱい、時間を取られてしまった。

それにしても、断りのメールは気を使うな〜。“ノー”のひとことを言うのに、えらく時間がかかってしまう。

“こんな回りくどく書いて、なんか生産的じゃないな〜”とは思うが、何せ相手は人間だからなー。気遣わないわけにはいかない。

とにかく、だ。断るには、OKするよりも、何倍ものエネルギーが必要。実を言うと、何と言って断わろうかと、その返事を考えるのが面倒なあまり、yes と言ってしまうことすらある。その結果、後で後悔することもしばしば。また、ダブルブッキンッグしてしまったこともあって、実に全く、やれやれである。

今日は、ニューカレドニアからの講習依頼への返信と、イスラエルの旧生徒さんへの返信、その他、諸々に午前中一杯を使ってしまった。うぅ。

でも、楽しいメールもある。写真は、カナダのモントリオールで行われた念仏合宿修行のレポート。“滝行もやって、めっちゃ、楽しかった〜”と、ローレンスから送られて来た。

もっとも、この前日に彼から、“滝行念仏の作法教えて〜”とかのメールが来ていたのだ。“何だよ、こっちは夜中だぜ〜”と眠い目をこすりながら、書いて返信した。

まあ、楽しそうだったからいいか。それにローレンスは、Chari-TX(チャリティックス=僕が発明した戦略ゲームのことである)をやるからなー。ふっふっふ。早く奴とオンライン対戦したいぜ。

 

 

 

 

0
Posted in 日記 |

目まぐるしく動きながら、心は沈静

2011/08/12 Categories: 日記

心があまりにも内面に向かっていると、ブログを書くという気になれない。それどころか、ブログの存在すらもすっかり忘れている。

先週、新曲の仮レコーディングをしてみた。

その翌日は、地元京都のフェスに出演。


<楽屋で演奏前のひととき>

 

その後、片道7時間半をかけて、島根県の和田寺に行った。それは、お寺をお世話して下さっている集落の方と、法要の打ち合わせをするため。二泊した後、帰京。


<住職を拝命している和田寺は、町の史跡になっている>

それでも心は内面に向かい続ける。目まぐるしく動いている日々なのに、心がひたすら沈静し続けていることだってあるのだろう。

秋に新刊発行の予定。DVD付きになるので様々な準備をしている。もしかしたら、この新刊がくせ者なのかも知れない。

唐突で申し訳ないが、職業病というものがあるように、職業カルマ、あるいは文化カルマというものがあると、僕は思っている。

例えば、居合道なんかやる人が本物の真剣を購入して、病気になったりすることがある。これは、居合道をやっている人に聞いた。
武道カルマというものの為せる技かも知れない。
ここでいうカルマが何かと言えば、それは、ある職業なり文化に染み付いている「垢」みたいなもの。
はるか昔から、それに従事して来た人たち特有の心の傾向の中に潜む闇のエネルギー(気)。僕はこれを、仮に職業カルマ、あるいは文化カルマと呼んでいる。
その前提で言えば、医者カルマもあるし、お寺カルマなんかもあると思う。その他、記者カルマ、カウンセラーカルマとか、警官カルマetc
。(まあ、人の弱い部分と関わるとか、立場上、人の上に立つような仕事は、闇のエネルギーが潜みやすいわけです)
そして、指圧やら鍼やらの、いわゆる東洋医学カルマにも、もちろんそれはあるわけで、今度の新刊は、それと真っ向から対決する内容なので、どうやら闇のエネルギーの抵抗を受けるようだ。

だから、書いている時は大変しんどかった。まるで、何者かに邪魔されているかのようだった。毎日、南禅寺奥の院の滝に打たれに行きながら書いていたけど、それでも最後には、とうとうダウンしてしまった。その時は、神経が参って毎日2時間しか眠れない日が続いた。
まるで力石のパンチをくらってダウンした明日のジョーのようなもの。あるいはそれではカッコ良すぎるから、ひからびたグレゴールザレム(虫)のようであった。<注:グレゴールザレムというのは、ある朝起きたら虫になっていたという、カフカの小説に出てくる主人公のこと>
だから脱稿した後も、いろいろと大変だった。果たして原稿は、無事に発刊されるのだろうか? 今は天に任せて、皆さんにお手伝い頂きながら、粛々と作業を進めている。

明日は、ライブハウスで数曲ほど演奏の予定。ライブハウスに出演するなんて、随分と久しぶりである。
そういえば、はるか昔、「拾得」という京都の老舗ライブハウスで、今は亡き詩人ナナオとのジョイントで、演奏したことがあったな。

2
Posted in 日記 |

パレスチナに自由を!

2011/07/26 Categories: 日記

国連でパレスチナが国家として承認される可能性が出てきたことを、カナダ在住の茂木さんからのメールで知った。
そこで、慌ててそのお知らせメールを知り合いに送った。

二年前、パレスチナから帰ってきた時の僕は、二、三か月もの間、パレスチナ問題だけが頭の中を占領していた。
毎日のように、ネットで迫害されるパレスチナ人の映像を見ては、そこにいた自分を思い出し、熱く義憤にかられていたのだ。

イスラエル軍に家を不当に追い出されて、ホームレスとなり、僕が路上でボランティア指圧した東エルサレムの家族がいる。
彼らは、アメリカのクリントン国務長官が「イスラエルのあの家族への人権剥奪は、遺憾である」と言及するほど、
いつの間にか国際的にも有名になっていった。

やがてその路上は、インターナショナルの支援者とイスラエル警察の小競り合いの場になり、
催涙弾が飛び、支援者は逮捕され国外退去させられていった。

あの家族のお父さんは、僕に語った。
「宗教や国籍の別なく、こうして私たち家族を気遣ってくれる海外の人々がいてくれるから、私たちはまだ人間を信じることができるのです」、と。
あの時のお父さんの、泣き笑いのような顔が忘れられない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご縁の皆様へ

僕は二年前に、パレスチナでワークショップやボランティア活動、また非暴力抵抗運動のデモに参加して、
現地の人々の苦しみの実態を体験しました。

そして、永年イスラエルの占領下で苦しんで来たパレスチナ人たちが、一方的に狂信的テロリストという、
イメージの烙印を押され、これによって、パレスチナ人の土地を奪い、人権を奪い、自由を奪うイスラエル占領政策の実態が、
世界から隠され続けていたことを、自分の目で見て知りました。

例えば、ナチス占領下のヨーロッパで「正義のレジスタンス」と呼ばれていたような抵抗運動が、イスラエル占領下のパレスチナでは「狂信的テロリスト」の行為として、
世界に報道され続けて来たのです。

しかしここで、パレスチナが国として承認される可能性が浮上しました。7月29日に国連安全保障理事会で、イスラエル—パレスチナ問題が話し合われることになっていますが、パレスチナ独立の承認決議が為されるかも知れないのです。

Avaazとというボランティア団体が嘆願書への署名を集めています。

http://www.avaaz.org/en/independence_for_palestine_uk/?fpla

(このページの日本語版を探したのですが見つかりませんでした。署名の仕方は、右側にFirst
time here? と書かれているところの下にName, Email, Postal code(郵便番号)を書き入れ,
CountryでJapanを選んでSENDを押すだけです。)

ぜひともパレスチナの民衆の苦しみを救うため、急ぎの拡散をお願いします。
国連の理事会が7月29日なのです。

NPOユニ 遠藤喨及

 

————————————————————————————————

 


【いきなりホームレスになった子ども。家の前には、自動小銃を構えた兵士がいて入れない。】


【お母さんは、「あなたが世界の人々にこの実状を知らせて欲しい」と僕に訴えた。】


【、、、、、涙なしにはできなかったスよ。】

 

0
Posted in 日記 |

文殊くん、誕生!

2011/07/22 Categories: 日記

西洋人には、便利なことにミドルネームというのがある。
例えば、マーティン・ルーサー・キングだったら、ルーサーがミドルネームである。
もっとも便利と言っても、せいぜい”どっちか好きな方を呼び名にできるから選択肢が増える”といった程度のことに過ぎないのだが。

さて、西洋人の念仏者の中には、このミドルネームに、東洋的な名前を付けたいという人がいる。 実を言うと、「えんどう」くんというミドルネームを付けられてしまった子もいる。 それは、突然かかってきた国際電話で「”ミドルネームにえんどう”って、付けていいか?」と 聞かれて、冗談かと思ってOKしたら、、何と本当だったということである。
自分の息子に”えんどう”というミドルネームを付けたのは、中東の、とある小説家。
かつて、タオ指圧と念仏をしていた人である。 お父さんの彼の名前は、”ウジー”。
実は、同じ名前の機関銃があり、それがいやだと言っていた。 「えんどうくん」、今ごろどうしているかなあ。

さて、「ミドルネーム何にしたらいいかな〜?」と聞かれると、今は菩薩名を提案したりする。
西洋だって、大天使ガブリエルとかの名前を付けるから東洋は菩薩名で、と単純に考えただけだが、、、。
5月のブログに登場した”観音くん”は、こうして決まった名前。
そして写真が、先週生まれたばかりの、”文殊くん”。
「ミドルネーム何にしたらいい?」と聞かれ、”智慧深くあれ”ということで提案した。
そうしたら、あっけなく文殊に決まってしまったのである。
原発にも同じ名前があるが、なに、かまうもんか。
どうせ原発はすべて止るんだから。でないと、未来ないもんね。

 

ところで、お母さんのハイケという人は、念仏で霊的な体験をした人。
念仏の波動は胎教には最高だから、どんな子に育つか、今から楽しみである。
観音くんも、一日中ニコニコしているような子である。

どんな子どもも、笑顔でいられるように。
いつも、いつもそう思う。

0
Posted in 日記 |

バックパッカーつながりで新刊発行

2011/07/09 Categories: 日記

一緒に写っているのは、東洋医学の出版社、「ヒューマンワールド」社長の石井利久さん。無料メールマガジン「週刊あはきワールド」も発行している。
石井さんは、「医道の日本」という東洋医学の老舗出版社の編集長だった人である。「医道の日本」の時代から、僕とタオ指圧の良き理解者であった。
久々にお会いしたのは、新刊「タオ指圧、東洋医学の革命」の打ち合わせのため。遅くとも、秋までには刊行される。
それにしても、縁とは不思議なものである。なぜ、石井さんのところから、僕が心血を注いで執筆した一冊が出ることになったのか?
東京センターの近くの「モツ煮込み」の店で、一緒に一杯やっている内にわかった。
なにせ彼も僕も、同じバックパッカーで、インドやアジア諸国などを貧乏旅行していたのだ。ほぼ同じ時期に、カルカッタのサダルストリートにある「パラゴンホテル」という、一泊数百円の安宿に泊っていたことも判明。
旅人同士なら、つながるのは当然である。なにせ85年—87年頃のインドでは、同じ旅人というだけで、どこの国の人間だろうと、すぐに友だちになったのだ。(今、そんな雰囲気があるのはパレスチナ)

2
Posted in 日記 |

銀閣寺の山のシカ

2011/07/04 Categories: 日記

通常は京都にいる僕。時おり、飲み水を銀閣寺の山に取りに行く。
山と言っても、頂上まで30分程度で登れる。
そして湧き水は、登って数分の場所にある。
とは言え、イノシシがいたり猿がいたり、
野生のシカもいたりするのだ。



シカの親子を見ると、子どもの頃に絵本で見たバンビを思い出す。
山の食べ物が減って、ふもとまで降りて来たのだろうか? 
何か食べ物持っていたら、上げれたのにな、と見るたびに思う。

この日は、たまたまパンを持っていたので投げてみた。
すると驚いて逃げてしまった。
シカめ。そうっと投げたのに、、、。
ちゃんと後で食べろよ。

0
Posted in 日記 |

音楽もそうだけど、何でもノリが大事である

2011/06/27 Categories: 日記

出版社の法蔵館編集部に行った。新刊の打ち合わせのためである。
法蔵館は、「タオ、気のからだを癒す」を出してくれたところ。
そういえば、あの原稿は、英語、イタリア語、スペイン語、

ヘブライ語、ドイツ語、フランス語では出ていたけど、法蔵館から出版されるまでは、日本語では出ていなかったのだ。
この日の打ち合わせは、「気の幸福力」の紙版の書籍について。
僕が、どうでも良いジョークを飛ばしながら打ち合わせしたら、笑いながらノってくれた。
ストレートなノリは、編集長代理の田中夕子さん(写真右)。笑いをかみ殺すように(?)ノってくれたのが、満田みすずさん(写真左)である。




また、写真には写らなかったが、販促部長の木村恭子さんも社長の西村明高さんも途中に同席。みんな、打てば響くようにノリが良かった。音楽もそうだけど、何でもノリが大事である。(特にジョークのノリは、ね)
、、、と、まあ、ここまで書いてから、ふと思った。
もしこれが、実はみんなで、適当に僕に合わせてくれていただけだったとしたら、どうしよう〜。
僕が勝手に満足して「何でもノリが大事である」などとノタマワっているとしたら、これは相当おマヌケな話ではないか、、、。
うーん、“恐るべし法蔵館”なのか? それとも僕が、“思春期的自意識過剰症候群”なのか?
なーんちゃってね。



<追伸>

法蔵館のブログにも載っていた、、、。
http://hozokan.blog67.fc2.com/blog-date-201106-2.html
うーん。写真に写った自分の顔を見て、やはりちょっとマヌケっぽいなーと思った。”
0
Posted in 日記 |

文化はヒマから生まれる/休む自分を誉める

2011/06/24 Categories: 日記

7、8年前だったと思うが、”よし、今年一年は、休むことを仕事にしよう”と思ったことがあった。でも残念ながら、思っただけで終わってしまった。(その後、次々とプロジェクト立ち上げちゃって)

でも、そもそもの動機は何だったかのだろう?
文化はヒマから生まれる、なんて思ったからだったかも知れない。

なんせ江戸時代の日本人は、今と違って、あんまり働かないで、おしゃべりしたり将棋さしたりして遊んでいたらしい。完全リサイクル社会だったし、、、。だから江戸文化が花咲いたのかな?

そんなことを思って、何年も前のことだけど、近所の将棋センターに行っていたことがあった。昼間からおじさんたちがビールなんか飲んで、将棋さして遊んでいて、良い雰囲気だった。
”やっぱりこうでなくちゃな”なんて思って、僕も混ぜてもらっていた。20歳の頃に住んでいた清和荘という伝説のアパートは、住人が皆こんな感じだった。そんな中で、僕は、STRAXE(ストララグゼ)という戦略ゲームを発明したのだった。

それから、インドをバックパッカーとして貧乏旅行した人ならわかるだろうけど、
インドにいると、一日一つのことしかしない。例えば、今日は銀行で両替するとか。駅に切符を買いに行くとか。

それは例えば、銀行員がチャイを飲んでおしゃべりしながら時々仕事をする、というペースなので、行列が長くなって時間もかかるからでもあるが。

カーリー寺院を見に行ったとかになれば、それは大仕事である。後は、何もやらない。
カレーを食べるのとチャイを飲むのと、、、せいぜい、安宿で他のバックパッカーと旅の話を咲かせるぐらいである。

この時、旅をしている長さで、旅人同士のヒエラルキーが決まるというのが、何とも、、、、。まあそれは、病院の待合室に集まる老人たちのヒエラルキーが、病気の重さだったりするのと同じようなもんである。
きっと最近では、日数や支援の大きさで、被災地ボランティアのヒエラルキーなんかも生まれているだろうなあ、、、。ああ、人間って。

それはともかく、再挑戦。レベンジである。
いろいろとプロジェクトがあっても、とにかく少しでもインド旅行っぽいノリで休めば、自分を誉めて、”よしよし、よく休んだぞ。” と思うことにしよう。

ということで写真は、僕が休む喫茶店「茶夢」のマスター。
ご夫婦でノラ猫の世話をされている、優しい人たちである。
ここでマンガや週刊誌を読みながら、気分をインドの旅へ。



カルカッタのマザーテレサのセンターも、皆ハードワーカーだったことは、今は忘れることにしよう。お釈迦さまが50年間、一日も休まなかったことも、弁栄上人もまたそうだったことも、忘れることにしよう。、、、休むときには。

 

0
Posted in 日記 |

心は近所の安田さん

2011/06/16 Categories: 日記

帰国後のことを1つだけ。今日、自転車を直してもらった。
僕はこんな時、京都に引っ越して来たときから、ずっと岩倉の安田さんのお世話になっている。


<安田さんは、岩倉の「竹田モータース」にいる>

安田さんは、バイク、自動車、自転車と何でも直す。

最初の頃、自転車直してもらって、「いくらですか?」と聞いたら、
「ほんとは千円だけど、ずっと直すの一緒に見てたから、500円!」と言われてビックリした。
それから、安田さんのファンになった。

また、最近はそうでもないが、かつては、午前中に安田さんの手が必要な時は、

いくつかある岩倉の喫茶店を、探して巡っていた。
毎朝、店を開けた後は、必ずどこかの喫茶店でモーニングしていたからである。
(なにサボってんだよ〜)
でも、この前見ていたら、近所の子供の自転車を、ただで直してあげたりしていた。

今日の僕の自転車の修理費、安田さんお金取らなかった、、、。
オレ、子どもじゃないんだけど。

僕の事情で使えなくなった(一週間だけ使った)タイヤを、安田さんにもらってもらったので、
それでチャラになったという。
、、、ありがとう、安田さん。

0
Posted in 日記 |