Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
2月 « 2014 « Blog

2014年2月の記事

大ごとだった!大学でのゲーム大会

2014/02/23 Categories: ゲームCHATRANGA バングラデッシュ支援

  こんなに大ごとになるとは思っていなかった、というのが最初の僕の感想である。会場には何百人といる上、花や壇上まで用意されている。

そして学長、教頭先生など主だった大学関係者たちと一緒に、僕は壇上に上げられた。その上、スピーチまで求められたのだ。

 

DSC_0235

<来賓の祝辞>

 

DSC_0230

<学生たち>

 

DSC_0237

<学長のあいさつ>

 

これでは、“ねぇ、面白いからみんなで遊ぼうよ〜”なんて、言ってられない。

さて、開会式が始まり、来賓は次々と祝辞を述べる。

 

学部主任は、“これはかつてないイベントです”というようなことを英語でスピーチした。さらに、“GAMEチャリティックスは数理をイメージ化するゲームであり、これの哲学的な世界云々”と語る。    

僕を、“そこまでチャリティックスについての理解が進んでいるのか!”と驚いた。 

それにしても、冷や汗どころの騒ぎではない。いつまでも終わらないのは、カリムの延々と続くチャリティックス論の演説だった。    

そしてそれに耐えている自分は、何だかインドのコメディ映画の役者にでもなったような気分になって来た。今にもダンサーたちがまぎれ込んで来て、みんなで一緒に踊り出すのではないか、と思ったほどである。

 

DSC_0226

<チャリティックスとは〜、というカリム氏の演説が止まらない>

 

やがて指名を受け、僕がしたスピーチは、カリムの100分の1にも満たない短いものだが、それは以下のようなものだった。

 

“人生は目標に向かって戦略を立て、選択を決断していくことで成り立っています。僕が、このゲームを創ったのは、人々に、人生で成功するための戦略や決断のスキルを磨いて欲しいと思ったからです。さらに人と人が、国境を超えて友だちになって欲しいと思ったからです。

 

僕は皆さんに、このゲームを通して、国境を超えてたくさんの人と友だちになって欲しいと思います。また、自己実現に必要な、戦略や決断力を磨き、ぜひ良き未来を創って頂きたい。そう心から思っています。今日は参加してくれてありがとう”

 

DSC_0232

<ラジョーさんがベンガル語に通訳>

 

DSC_0227

<開会式に立ち上がって拍手する人>

 

DSC_0238

<さあ、いよいよか?>

 

DSC_0244

<始まるぞ〜!>

 

いやはや大変な1日になった。300人以上もの学生たちが入り乱れての対戦である。勝った回数での順位戦なので、誰が勝ったかなどの統計も取らなくてはならない。もう、“わいわい、ガヤガヤ”どころの音量ではない。

 

講堂の半分は、もはやマイクの声だって聴こえやしない。にも関わらず、マイクを使って演説をがなり立てているカリムと、その部下。講堂は、僕たちに“バングラデシュの選挙って、きっとこんな感じなんじゃないかな〜”と思わせるほどの騒然ぶりであった。

 

1779356_592540927507173_202866642_n

<講堂全体が熱気に包まれている>

 

DSC_0242

<女子学生も負けていない>

 

DSC_0240

<一見地味だが熱気はすごい>

 

DSC_0278

<数理をイメージ化しての読み合い>

 

DSC_0276

<哲学的理解をしていそうな女子学生>

 

DSC_0253

<真剣である>

 

DSC_0279

<まず一勝したわ!>

 

DSC_0247

<緊迫感と楽しさが入り混じった空気>

 

DSC_0265

<やったー!>

 

勝敗の統計は、モングやナイナイなど、ラカイン人(NPOユニが支援している少数民族仏教徒)のボランティアたち数人で走り回って行っている。しかし、300人以上もの人数が相手では、とても人手が足りない。

 

また中にはルールを間違えて憶えている人もいて、僕らも走り回って、直したりした。(英語が通じない人もいて、そうなると怒鳴ってボランティア・スタッフを呼ばなければならない。しかし講堂は、カリムの演説とみんなのガヤガヤ声の音量のため、それも聞こえない)

 

DSC_0246

<汗だくで走り回る、ラカイン人ボランティアのナイナイ>

 

DSC_0268

<僕らも大声でどなりながら(講堂全体が大音量のため)、必死にルールを訂正して回った>

 

1時間後、先生が走り回ってストップをかけた。そして勝敗を計算し、4位までの入賞者が決まった。

しかし、すったもんだが始まったのはこの後である。なんと発表後に、勝敗統計の見落としが見つかったのだ。あっちゃー!

 

そこで壇上で、先生が発表を訂正した。ところが、女学生を含めて何人もが手を上げて、「先生! 統計の発表に間違いがあったのなら、私はもう一度、最後のトーナメントを行うべきだと思います!」などの主張が次々と繰り広げられた。

僕は驚いた。と いうのは、僕はてっきりイスラム教の女性は、「慎み深く、男性の先生に反対意見を言うことなんてない」と、思っていたからだ。

しかしこれは、「日本の女性 がみな大和撫子である」とイメージする、西洋人男性の精神構造と同じ勝手な思い込みだった、と気づいた。(東西変わらず、男性というのは自分好みのイメー ジを女性に投影するものなのだ)

 

まあ結局、感じの良い熱血先生がうまく話をまとめてくれた。そして最短の時間で、最後のトーナメントを、やっと終えることができたのである。

 

またその頃には、学長たちなど主賓が再び壇上に登り、授賞式が行われた。11時から始まったイベントは、かくて無事終了したのである。時間は、すでに昼の3時ごろであった。

 

DSC_0280

<“上位入賞者を発表します!”>

 

DSC_0300

<学長から賞状の授与>

 

DSC_0292

<優勝者の授賞式>

 

大学からラジョー家に戻った僕たちは、ボーッとあまりものも言わずにお昼を食べた。そして、各自しばらく昼寝して休んだ。ナイナイなどのボランティアたちも、センターで寝ていたらしい。

そりゃそうだろう。無理もないな、と思った。300人以上がガヤガヤと騒然とし、その上マイクががなり立てている中で、ずーっと走り回っていたのだから。

 

夜には、翌日から回る、ラカインの学校や村についてのミーティングを行った。朝昼夜、バングラデッシュ滞在中はフルに活動するのである。

 

0

バングラデッシュはGAMEチャリティックス王国になるか?

2014/02/20 Categories: バングラデッシュ支援

これ以上の簡素さはないだろう、と思わせるコックスバザールの空港には、満面の笑みを浮かべたラジョーさんが待っていた。

会うのは、7月にタイで行われた「タオサンガ・タオ指圧世界大会」以来。約半年ぶりである。

相変わらず人力車が走り回っている。1年ぶりに見るコックスバザールの街並だ。やがてラジョー家に到着。

DSC_0078

少し休んでから、NPOユニの援助で、ますますきれいに整備されていく仏舎利塔の状況を視察。(会員の皆さん、ありがとう!)丘の上にある仏舎利塔は、夕日の眺めが素晴らしく、快い風が吹いている。

DSC_0064

DSC_0057

<次は、ここを改善しようと相談>

DSC_0042

<仏舎利塔の整備を担当している”花のおじさん”と僕らが呼んでいる人>

DSC_0023

その後、タオサンガセンターに行くと、「なんだこれは!?」と思った。何人もの人が作業に追われて、ごった返しているではないか!?

それは、明日からコックスバザールの小学校や大学で開催される、チャリティックス大会の準備をしていたのだった!(注:チャリティックスというのは、僕が考案した戦略ゲームのことで、詳細は月刊タオサンガ「住職に聞く」をご参照下さい。taosangha.com)

DSC_0180

 

DSC_0011

<サイコロを作っているところ>

DSC_0006

<チャリティックス大会のポスターまであった>

僕は少し前に、“ラジョーさん、大学でチャリティックスの大会やらない? そんでもって、優勝者には奨学金ということで賞金(日本円で3000円ぐらい)でも出そうよ”と持ちかけていた。それは、実はちょっとした思いつきでもあったのだ。

そしてこの提案によって、ラジョーさんは一生懸命にいろいろと動き回ってくれていた。その結果、大学と小学校での大会開催となったのである。(うぅ、ラジョーさんって、良い奴だな〜。涙)

聞けば前の週は、タオサンガセンターに100人以上が集まって、チャリティックスの練習会をしていたらしい。

実はチャリティックスには、オンライン・ゲームもあって、世界中で対戦できるようになっている(現在はまだ、テストプレイの段階だが、、、)

そして、それに参加しているコックスバザールのモングという人に、僕はオンライン対戦で二敗している。これからはバングラデッシュから強豪プレイヤーが生まれて来るんだろうな〜と、大会の準備を見て僕はわくわくした。

DSC_0668

<16才の高校生モング。チャリティックスがうまい>

夜には、大学でチャリッティックスの説明会を開いてくれた、パルスというバングラデッシュのNGOを主宰している、カリムという人が訪ねてくる。

彼はチャリティックスが、いかに子どもや学生たちに知的向上をもたらす素晴らしいゲームであるかについて、滔々と演説を始めた。

そして、「これは世界的なゲームになります! 全バングラデシュに広めるべきものです!」と力説して、僕らをびっくりとさせた。(実はこの時、ちょっと感動した)

 さて翌日。小学校での大会。小学生たち100人以上が入り乱れての対戦である。(こちらは文房具なんかの賞品)なんかもう、すごい熱気! 大学生までやって来て、別の部屋で明日の大会に備えて練習会をしている。

DSC_0140

DSC_0142

<ウワサを聞きつけて、近所の子どもたちもやって来きたが、人数が多過ぎてとても入り切れない>

 DSC_0117

<左が演説のカリム。右は校長先生。そして、みんなの熱気をぼーぜんと見ている僕>

面白かったのは、近くの別の小学校の校長先生(仏教徒の女性)も来ていて、すっかりチャリティックスにはまっていたことだ。

子どもたち相手にも、何度も何度も対戦し「ウチの小学校でもぜひ大会を!」と言われた。 大会のあった学校の校長先生も、子どもの知育に役立つと喜んでくれていた。

DSC_0141

<右がチャリティックスにハマった近所の小学校の校長先生>

DSC_0101

<右はNPOユニのまさとさん>

DSC_0103

<「このゲームが子どもたちの知育の発達に有効であることは間違いない!」という校長の弁で盛り上がる>

日本でもイベントに出展すると、チャリティックスに、はまっている子どものお母さんから、“ウチの子が、こんなに何かに集中しているのは今まで見たことない”とか、“子どもの思考力を高めるのにいいわね”なんていう声が上がるとは、聞いていた。

でも、教育関係の人からポジティブな感想を言われて、とってもうれしかったな、、、。僕の創ったゲーム、チャリTXが、やっと世界に理解され始めたんだ。

 

0

好奇心はいつでも全開       ~福岡からバングラデッシュへ~ 

2014/02/14 Categories:

“オマエ、もうちょっと楽な人生だってあるんじゃないの?”と、つい自分に毒づきたくなるのは、現地の人なら“寒いですね?”とでも言いそうな夜、バングラデシュで水シャワーを浴びているときだ。

写真0

<ラジョーさんは、満面の笑みでコックスバザールの空港に迎えに来てくれていた>

  この2日前、僕たちNPOユニの一行は、非常事態宣言中のバンコクからタイ航空でダッカまで飛んで来ていた。(一行はまゆさんの他に、まさとさんと、2回目のバングラデシュ訪問のまひろさん)

 写真1

 <デモ隊によって占拠されているタイの首都バンコクの道路>

写真2

<デモ隊のテント村だが、反タクシン派に雇われているというウワサ>

写真3

 <デモの最中で、爆破事件があったりしても、市民の記念撮影にのんびりと応じる兵隊。この辺は、いかにもタイだな〜>

旅の裏技

 さて、ダッカへ着いた時は、コックスバザール行きの国内線に間に合う、ギリギリの時間だった。でも僕には、“まあいつものように、出発時間のスケジュールなんて、あってもないようなものだろう、遅れるに違いない”と、そんな楽観した気持ちもあった。

 しかし空港では、現地での援助活動のための円を、現地通貨のタカに両替する必要があった。その上、行ってみると入管審査は大勢の人でごった返していた。長蛇の列が並んでいて、1時間は猶にかかりそうな状態だった。

 国内線は日に1便しかない。ここで逃したら、車かバスで約12時間かけて行くことになる、、、。

 もっとも2、3年前までは、ダッカの空港から、命がけのチキンレースを走る車で、12時間かけて現地コックスバザールまで行っていたのだ。

 というのは、一昨年あたりまでは、バングラデシュ航空の国内線に乗るには、あまりにも信頼度(飛ぶかどうか)が低かったからだ。

 このままでは、もしかしたら乗り遅れることもあり得るかも、、、。そう思った。そこで僕たちは、空港をウロウロしている職員に“袖の下”を渡し、“税関を超特急ですり抜けさせてくれ”と囁いた。ようするに旅の裏技を使ったのである。  

 いつもならば、国境などでワイロを要求する、第三世界の役人や警官の腐敗ぶりに文句をつけている僕である。それでいて、こんな時には、職員にちゃっかりワイロを渡し、「旅の裏技」と称して悦に入っている。これは、バックパッカーの悪いクセではあるな。

九州での集まり

  今回、日本を発ったのは、福岡空港からだった。

  バングラデシュ行きの荷物を抱えたまま博多に行った。そして、北九州で土日の2日間に亘ってワークショップ的な集まりと念仏会を行った。その後、月曜日の朝には、福岡空港からのフライトでバンコク向かい、数日を過ごしたあとに、バングラディシュに飛んだのだ。

 九州での2日間だって、それはもちろん濃かった。ただ、ブログに書く余裕がなかった。

6

<佐賀でのタオサンガ念仏。初参加のゆかさんも!>

 でも僕にとっては、とても意義のある発見があったので、それについてだけでも、記しておきたい。

 ご存知の方もいらっしゃるとは思うが、僕はタオ指圧の体験ワークショップで、治療デモンストレーションを行う。

 これは、“誰か痛みなどの症状がある人はいませんか?”と会場に呼びかけ、5?10分程度の施術によってその場で症状を取り去るというものである。経絡による指圧の治療効果を知ってもらうためだ。

8

<宮崎から参加のスー>

5

<頭頂のツボに触れているだけで立ち上がれないというワーク>

 もっとも、今回の博多での集まりの目的は、タオサンガの気と心の世界を体験してもらうことにあった。だから指圧デモンストレーションをするという考えはなかった。

 それに、タオ指圧も含めタオサンガは、すべて「気の念仏」が土台となっている。となると、念仏の効果をこそ体験してもらわなくてはならないなぁ、、、。   

 とまあ、こんなことをぼんやりと考えながら、僕は、博多のタオサンガ体験会をリードしていた。すると突然、脳裏に新しいアイデアがひらめいた。それは、「念仏による治療デモンストレーション」である。

 タオ指圧の経絡施術ではない。“念仏で治療デモンストレーションをしたらどんなもんだろうか?”ふと、そう思ったのだ。

 でも、念仏によって症状を取るなんて、果たしてできるのだろうか・・・? 

 内容としては、タオ指圧講習での治療デモンストレーションのときのように、何らかの症状を抱えている参加者に出て来てもらう。

 そして仰向けになってもらった、その人の周囲を囲むようにして参加者が座る。その後、参加者みんなでタオサンガ流の念仏をすることで症状を取る、というものである。

7

<念仏治療のワーク>

 今までやったことはない。だから、本当にそれで症状が取れるのかは、正直言ってわからなかった。

 もしかしたら、何の効果もなく場がシラケるだけという結果になるかも知れない。“なーんだ”と言われるのがオチかも知れない。それは大いにあり得ることだ。

 本来ならば、一応、何度か試した上で、大丈夫だとわかってからやれば良いようなものである。

 しかし、ここで躊躇するほど、僕は大人になり切れない。そんなのは、自分が守りに入るようで、何だか格好ワルいような気がしてしまうのだ。

 ようするに、“ここで怯むなんて男じゃなねーよな”とか、“いいじゃん、面白そうだからやってみようよ!”とか思ってしまう。

 まあ体裁よりも好奇心。まるでガキ丸だしの感覚が、いつだって全開なのである。

 また、たとえ失敗したって、“えへへ、あっ、ダメだったか?”と、その場でみんなに言えばいいや、と思ってしまう。

 ただし、うまくいかなかった場合は、念仏の評判を落としたことになる。その点については、あとで阿弥陀さまによく謝っておこう、と密かに思う。(実に冷や汗ものである)

 それでも、“失うものなんてないぜ”と思って生きているためか、かなり気楽なところがある。

症状の原因は潜在意識(アラヤ識)

 もっとも僕が、“その場で、念仏によって身体的な症状を取れるのではないだろうか?”と思ったのには、一応の理由がある。

 それは、どのような症状であろうと、原因が、経絡の奥に存在する潜在意識の邪気だからだ。

 これはタオ指圧の講義で、常に僕が語っている最新の理論だ。また邪気は、術者が、「宇宙大霊である佛さま」の融合を受け、これの他力(威神力)が働くことで浄化される。その結果、潜在意識が転換し症状が取れる。

 ということは、みんなで囲んで阿弥陀仏をイメージし、タオ心を集中して祈り念仏すれば、たとえ指圧手技を行わなくても、症状は取れる「はず」である。

 また、僕にそれを思わせた理由は、まだ他にもある。タオサンガのワークショップでは、常識で考えたら、あり得ないようなことをやっている。それらは、はじめて体験した人は、みな一様にビックリするようなことだ。

 例えば、「一切手を触れずに、ただ念仏して気を送るだけで、横になっている人が、部屋の端から端まで転がっていく」というワークがある。

 ただ転がっていくだけではない。受けた人が、生まれ変わったような、身も心も癒されたような爽快な気分になる。これを、参加者全員が体験するのである。

 これはたしか、ウィーンの念仏ワークショップで、初めてやったものだった。この時も、ふとした思いつきでやったのだ。

 よくよく考えてみたら、こういうことって案外凄いことなのかも知れない。もっとも僕としては、こんなことをタオサンガのウリにするつもりは毛頭ないけれど。

「宇宙大霊の如来は実在するということ。そしてあらゆる幸福の源泉である大霊の融合を受けることにより、誰の人生も好転していくのだということ。」こちらの方が、よほど凄いことだと思うからだ。

だって、タオサンガの目的は、気の不思議なパワーを見せつけることにあるのではなく、人が幸福な人生を創造する「幸福力」をつけることにあるんだもの。 

自分が無意識にやっていたことだった!?

 さて、ごたくを並べるのはこのぐらいにして、念仏治療デモンストレーションを思い切ってやってみた結果、一体どうだったのかを述べることにしよう。

 まあ結論を言えば、タオ指圧の治療デモンストレーションと同じような感じになったのだ。いやはや、もうビックリ! である。

 僕はその時、気づいた。タオ指圧の治療デモンストレーションで、効果を上げていたのは、僕が無意識に佛さまを想って、潜在的に念仏していたからなんだ、と。

 経絡効果は、手技の力によるというよりも、阿弥陀さま(宇宙大霊)の他力によるものだったんだ、と。

 クラスや講習では、“自分の力ではないですよ。あくまでも宇宙大霊の力によるものですよ”と言っておきながら、案外自分自身は、心底わかっていなかったのかも知れないな、と反省した僕であった。

 だって、“果たしてうまくいくかな?”なんて思って、ギャンブルでもしているようなつもりだったんだもの。阿弥陀さま、疑ってすみませーん!

☆leaflet

leaflet2

<今回の九州の集まりは、3/1と3/2のイベントの前哨戦のためでもあった>   九州在住の方は、下記アドレスをぜひ。

https://www.facebook.com/events/247735855407117/?ref_newsfeed_story_type=regular

 さて、次のブログからは、バングラデシュでの驚くべき展開について述べようかな、っと。

 

 

0
Posted in |