Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
6月 « 2013 « Blog

2013年6月の記事

春からの展開はフェス、そして、、、。

2013/06/25 Categories: 未分類

昨日、博多でのタオ指圧体験講習を終えて、今はまだ博多のホテル。

博多在住のメンバーよっくんと、タイで行うタオサンガ世界大会ではダンスバンドをやる予定なので、その練習をするためだ。

、、、さて、前回のブログの続き。春からの展開をちょっと追ってみよう、、、。

5月の連休には、一大イベント「UNIチャリティ フェスティバル」を開催した。

これは、NPOユニで震災の年から始めた、“こんなのって世界初だよねー”と勝手に自負する、ユニークなイベントである。

どのようなフェスかというと、「出店者の皆さんに、売り上げの50%〜100%を寄付してもらい、みんなで世界の各地に支援する」というものである。

何か、もし実現したら、わくわくすると思いませんか? っていうか、実現しているんですよ〜!

ナンと、今や出店数も100に迫る勢い。開催までは、準備におおわらわだった。

でも、ビジネス目的でやってないためか、大変でも、いつも温かいほんわかムードが漂っている。僕には、この雰囲気だけでも、十分癒しになるぐらいだ。

きっとこれは、企画する側だけでなく、出店参加される方々もそうではないか、と思うんだ。

写真

<ほんわかムードのユニフェス・ミーティング>

そういえば、イタリア語のタオ指圧の本が出版されたんだっけ。イタリア語のは、これで2冊目。イタリアで頑張ってくれているメンバーのためにも、売れて欲しいな、とは思う。

写真 (2)

 

近々出版される「タオ指圧、究極の経絡メソッド」(ヒューマン・ワールド)も進行中。下記はその写真撮影である。

実は、僕はこの本を、タオ指圧関連最後の書籍として執筆した。(というのは、僕はこれからは、仏教や念仏の、不思議な秘密世界をテーマにしたものしか書くつもりはないので)

写真 (3)

<撮影は雨森慶為さん>

写真 (1)

<ピーターもモデルになった>

いよいよ2日間に亘って開催される「UNIチャリティ フェスティバル2013」の当日からのことである。これは次回に、写真でご覧になって頂くことにしよう、っと。




0
Posted in 未分類 |

全力疾走中のためサボっていたブログ

2013/06/07 Categories: 未分類

全力疾走中のため、長らくサボっているブログです。じきに春からのできごとを書きたいと思っております。

なにせ、締め切りのある原稿があります。まず、「タオサンガ」 という無料月刊マガジンでのインタビュー記事や、何でも質問箱の回答(身の程知らずにも!)などです。

締め切りはないけど、「和田寺ピープル」という、ほぼ週刊メルマガ(まぐまぐ)の一口法話もあります。

新刊「究極の経絡メソッド」(ヒューマン・ワールド)の出版に向けた作業もあります。(これは、かなりまさとさんやまひろさん等、周囲のメンバーおんぶししてもらっていますが)

だから、フェイスブックなんかは見ずに、このブログだけをご覧頂いている方からは、“あいつは、どこかに逃亡したのでは?”などと思われていたかもですねー。ふふふ。

サボってばかりで申し訳ないので、メルマガに掲載される一口法話をここに載せちゃいます。メルマガ「和田寺ピープル」の編集者麻呂さん、申し訳のうござんす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一口法話

仏教では我を捨てることを説きます。

しかしそれは、形ある何かに対してではありません。

形あるもののために我を捨てるのは、完全な間違いだし、それは、とても
危険なことです。

形あるものとは何でしょう? それは国家だとか、団体だとか、
教祖などです。

そもそも、形ある対象に我を捨てるのは、たましいにおける自殺行為です。

なぜならそれは、崇拝する何らかの対象に、自分の我を投影しているに過ぎないからです。

これでは、人は本当の意味では幸せになれません。

仏教で無我を説くのは、あくまでも形なき法や、宇宙大霊に対してです。

形なき大霊に対して我を捨てることで、幸福の源泉である、大霊が自らに宿るのです。

グルにはまるのは恋愛みたいなものだから、とやかくいう気はあり
ません。

でも僕は、グル的な崇拝対象に従う人を見るたびに、”本当の意味で幸せになる道を選んで欲しいなあ”、ついそう思ってしまいます、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解説は、またあらためて書きたいと思います。下記は、5月の連休に主催したチャリティ フェスのフォトギャラリー

 

0
Posted in 未分類 |