Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
クリスマスは東北で、、、 « Blog
2014/01/05 Categories: 東日本大震災支援

群馬のハンセン病サナトリウムを後にした僕は、大宮を経て東京に寄り、荷物を取って東北に向かった。(前号からの続き)

クリスマスの頃には、タオサンガの皆さんが現地に、ボランティア指圧などで詰めており、そのお手伝いをするためだ。

NPOユニは、震災直後から今も尚、気仙沼に定期的に野菜を送り続けて来ているので、そこと関連のある仮設住宅での活動である。

仙台に着いたら、すでに夕方遅くだった。それで、まずは仙台で一泊した。震災以来、訪れるのは3回目なのだが、今回も、なぜか胸か締めつけられてつらかった。

仙台で一度足を止めたのは、震災直後に被災地に入ったときの経験から、”気仙沼に行くには、仙台からバス”というイメージができ上がっていたからだ。(新幹線で、一の関まで行ける。そこからバスという手があるのを知ったのは、3日後の帰るときだった〜)

9kXnsLX8KmIIucL4aEnt8CPc6HWjkZDph6Pu7FH-ftAq=w310-h207-p-no

 <仮設住宅>

NOystHR7fJyhQNSCrxfQPMlgXT5K6nEiaYr-LJz0KyXQ=w234-h156-p-no

<少し前には雪が、、、>

mura

<“ミスター仮設”と呼ばれている、現地活動家の村上充氏>

写真

<タオサンガのボランティア指圧>

写真.shin treat JPG

<施術する長谷川森さん。東京センターの臨床スタッフ>

i0OtUd5dGN58OHSduI88dhmvT8gbEie87aK7W9N_6x_A=w234-h156-p-no

<透央(すなお)さん&天規子(あきこ)さん>

タオサンガからは、十名以上のボランティアが参加した。タオサンガに限らないが、こうして自らの身体やお金を使って、被災地にボランティアに来ている人たちに対して、僕は心から頭が下がる想いがする。

1545687_260264650797217_561371374_n

<オランダ・タオサンガの美和さん>

AesbATFG_cgTwo2eLb1aNWhhyBDzj0fDTwdWFuD9pqRB=w287-h191-p-no

<中央が小野さん。右端は、美和さんのご主人の“ビッグマスター”。彼は、クリスマスに、60人分の夕食を用意した>

写真M& R

<世界各地のタオサンガから、455通のクリスマス・カードが気仙沼に届けられた。その中には、イタリア・日本人学校の子どもたちからビデオ・メッセージもあった>

写真.shinkinJPG

<仮設のクリスマス・パーティでの中国楽器、奏琴(しんきん)の演奏>

VoJtWMqYNtZXQclyg5RLYJY1acE2RQCiq7IgXCSjWWCn=w234-h156-p-no

<実はこの後、僕も2曲ほど演奏した>

写真.keito playJPG

<僕が考案したチャリティックス・Gameにはまった、けいと君。見事大人を打ち負かした!>

Sh8WRAreGiEJh4dyPtbUgb5AKDaKtNF0TlHFbwyOSbHa=w234-h156-p-no

<けいと君は、次の日も、朝からさっそくチャリティックスを持って来て、大人を相手に対戦>

最近うれしいことに、子どもの友だちが、あっちこっちにできた。それに一役買っているのがチャリティックス・ゲームである。

実は、今まで出会った小学生で、チャリティックス・ゲームにはまらない子どもには、あまり会ったことがない。本当に不思議だし、うれしい。

僕としては、「子どもが僕を、大人として認識しないような関係になれたら成功!」と思っている。だから完全に同じ目線で付き合う。エラそーにはしないわけ。

ところで、このチャリティックス・ゲームを、僕はライフ・ワークとして創作して来た。実はこのところ僕は、チャリティックスを創らせた自分の無意識を言語化する作業に、ほとんど取り憑かれたように没頭していた。

そして、それの第1章とも言うべき部分が、月刊タオサンガ1月号の「住職に聴く」に掲載された。

このブログを読んで下さった皆さまには、ぜひぜひ、ご覧頂きたいと思います。http://taosangha.com/

何て言ったって、取り憑かれていたほどなんだから、、、。(←われながら意味不明)

写真.m2JPG

<「雪だるま」の阿弥陀さま/ Snow  Amida Sama と書いてある>

写真.miles1JPG

<おお! 久しぶりに京都に帰ったら、アメリカのマイルス君からクリスマス・カードが届いていた! マイルス君、ありがとー ^ ^) 僕には、最高のご褒美でした>

京都に帰ったら、すでに年末。恒例の「年越し念仏ギャザリング」が待っている。

僕は今年のタイトルに、“光明爆発”とネーミングした。それは、タオサンガのビッグバンが始まる年だからである。