Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/earthcaravan/www/ryokyu2/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
ベジタリアン・フェスティバル              at 仏光寺 « Blog
2011/10/11 Categories: 音楽

知っている人は知っていて、知らない人は知らないが(←あたりまえだ)、タオサンガ/NPOユニではチャリティ施術というのをやっている。フェスティバルなんかにも出店して、タオ療法の簡易的な施術を施し、その収益を東北震災や海外援助に役立てようというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光寺で行われたベジタリアン・フェスティバルにも出店して、連動するかのように、バンドLamani も出演した。ステージで、タオサンガ/NPOユニの出店のお知らせもできるというのはありがたいことだが、ーつ問題がある。

というのは、僕はステージでは頭が空回りして、挨拶以上の話ができない。ただでさえ、自分の法話ライブのU-Streamの録画を見て、”われながら、語尾不明瞭な奴だなあ”と思うのだから、この上、演奏の合間にしゃべろうものなら、意味不明なことを言うだけである。僕は、音楽演奏と話す時とでは、使う脳の部分が違うのだ。

なんと言っても、今のところステージでは、目も開けられないぐらいの状態である。(なるべく目を開けようと努力している)このときの気持を何と説明して良いのかわからないが、ちょっと想像して頂きたい。もし自分、が仏さまや神さまに必死に祈っているところを、人々に見られている状況だったら、、、。どうです、恥ずかしくてたまらないでしょう?

それで、ステージで話をするなんていう芸当が、どうにもこうにもできないんですよね。せいぜい感謝の言葉を述べるのが、
今のところ精一杯である。
演奏後にやっっと水と食事にありついた後は、タオサンガの皆さんの懸命な働きに、”なんか手伝わないでワリーな、、、”とかも思いつつ、お寺の門の日陰で、放心してしまった。皆さんに感謝である。

ベジタリアンフェスティバルは、動物の生きる権利などのことを考えたり、食の安全や自然との共生に関する活動をするなど、意識の高い人たちが開催している。友人のアイリーン・スミスさんも招かれて、脱原発について講演していた。

また、例によって僕は客席を見れないのでわからなかったが、どうやらステージでの演奏は受けたらしい。おかげさまでCDも完売して、持ってきた枚数では足りなかったそうだ。

また演奏後に求められてCDにサインしていたら、”目を閉じて聴いていたら、まるで異界に連れていかれるかのようでした” と言って下さった方がいた。”演奏中の祈りが通じたのかな?”と思って、 とても嬉しかったな。
翌日、バンドを演奏に招いて下さったベジフェス主催者側の倉田志樹さんが、下記のようなメールを下さった。本当に感謝である。

「今年もご出演して下さって本当にありがとうございました。
素晴らしいステージ、特にillusion trainの盛り上がりは、
とても感動的で、ウルルときました。
遠藤りょうきゅう&ラマニさんのような、
表現力が高く、レベルの高いアーティストがご厚意で出演して下さるので、
京都ベジフェスが続けていけます。」

ベジタリアン・フェスティバルのウエブ
http://www.vegetarianfestival.jp/