人間にとって一番大切なことは、良い運命を創ることだ

快活さと明るい気分というものは、使えば使うほど残りは多くなる。』エマーソン

 

人間にとって一番大切なことは何か? それは良い運命を持つことだ。

運命は決まっていない。自分で創るものだ。

 

ではどうやって?

人は、常に存在から気エネルギーを発している。

 

それは、自分に対して向かう、と同時に宇宙の隅々にまで広がっている。

現象は、自分が発した気が宇宙に広がった反射として起っているのだ。

 

だから運命は、人が存在が発している気エネルギーが創っている、と言える。

自分によって快い現象を起こす、良い運命を頂く。

 

それには、自分が発する気を快いものにすることだ。

どうしたら、自分が発する気は快いものになるのか?

 

人を大事にすることだ、

そして、肯定的な関心を持つことだ。

人の運命が良くなるように気にかけて差し上げることだ。

それを楽しむことだ。

義務では無理だ。

 

運命を良くする上で何よりも大きなことは、人が明るい気持ちになるように、

身を捨てて心配りすることだ。

 

あなたの心配りで、人が明るくなるなら、その場には、神や仏の愛が宿っていて温かい。

逆に言えば、神や仏の温かい愛が宿っている存在は、人を明るい気持ちにさせる。

 

人を明るい気持ちにする言動こそが、身体から快い気エネルギー、温かさを発するもとだ。

 

それが良い運命を創る存在になるのだ。

これが人として一番大切なことなんだ。

ー潜在意識を育てる、語り法話ラジオー

 

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP