Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/xs204735/endo-ryokyu.com/public_html/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 98

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/xs204735/endo-ryokyu.com/public_html/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 107
世界の軍事費で出来ること « Blog
2012/11/27 Categories: 未分類

世界の軍事費で出来ること

-戦争を止めて、ゲームChari-TXをしよう!-

世界から、毎秒2万5000ドル(約2百万円)が、軍事費のために消えていきます。軍事費総額は、年間で約8000億ドルです。

さて、これだけのお金があったら、果たして人類は何ができるでしょうか?

◯まず、飢餓に苦しむ人は、世界に約8億人。その1年分の食糧に必要なのは、980億ドル。これは軍事費の1/8以下に過ぎません。(国連世界食糧計画)。

◯世界中の難民は、約2000万人。そのテントや毛布は1億ドルあれば足ります。(国連ユニセフ他)

◯世界中の子どもの,ビタミン不足による失明を救うのに必要な額は、たったの0.2億ドルです。(国連WHO)

◯すべての人類が基礎的な教育を受けるのに必要なのは、60億ドルだけで、これは軍事費の0.75%です。(ワールドウオッチ研究所)

◯すべての人類に安全な飲み水と下水設備を提供するのは、90億ドルでできるのです。(ワールドウオッチ研究所)

◯世界中の全女性の妊娠・出産にかかわる保健衛生費は、120億ドルで賄えます。(ワールドウオッチ研究所)

◯地球上のすべての人々が、健康に必要な栄養を摂取するには、130億ドルあれば可能です。(1998年の国連開発計画の報告書)

◯全地球の砂漠化は、87億ドルで防止できるのです。(国連砂漠化防止条約)

それでも全部で、1468億ドルに過ぎません。
6532億ドルもおつりが来るのです。世界にはずい分たくさんのお金があるんですねぇ。

では、そのおつりを何に使いましょうか?

◯世界中の兵器を1720億ドルで廃棄できます。(米モントレー国際研究所資料)
(これには、化学兵器に汚染された地域の環境浄化費 500億ドルも含みます)
※ようするに、アメリカの軍事費のおよそ6か月分で,世界中の兵器は廃棄できるのです。

いやー、まだおつりが来ますね。人類は金持ちだ!

そこで、

◯地雷は世界中に1億1000万個埋まっています。地雷1個を除去する費用は300ドルかかるので、330億ドルかけたら世界中の全ての地雷を除去できます。

ついでに、全ての地雷被害者に義足・義肢などを贈りましょう。約3億ドルあればできます。

しかし、まだまだ無くならない。4479億ドルもあまっています。
では、アフガニスタンを復興しましょう。250億ドルあれば可能です。(UNDP等)アメリカの軍事費の34日分です。

これでもやっと半分だけ使いました。まだ4229億ドルも残っています。そこで、

◯貧困国の全債務(借金)を免除しましょう。貧困国が背負っている巨大な債務がなくなれば、利子に苦しまず、その分を人々の保健や教育,また福祉などの整備に当てられますからね。


「低所得国」61カ国の対外債務は約4210億ドルですから、これでやっと、19億ドルまでに減らしました。

そこでさらに、ソマリアなど「特に貧しくて借金の返済が困難な国(重債務貧困国)」の対外債務(借金)を免除しましょう。これが約2200億ドルもありますから。(と言ってもこれは、3か月と何日間か分に過ぎませんが)

ですから、浮いた軍事費を人類ために有効に使い始めたのが、2012年の12月31日だとしたら、2014年4月8日のお釈迦さまの誕生日には、すべてのプロジェクトが完了します。

人類に智慧があれば、毎年8000億ドル、毎秒2百万円というお金は、人殺しの道具のためでなく、人を幸せに生かすために使うことができるようになるのです。

(サイト/「軍事費でできること」参照)

http://www.osaka-c.ed.jp/ed/h14/kankyou/Security/military/military2.htm

だから諸君、戦争を止めてゲーム(Chari-TX チャリティックス)をしよう!