人生の自由を取り戻す

”一切の苦しみや災難から救う(「度一切苦厄」)”という言葉が、般若心経にあります。

心と世界は分かれていない”という『空』の悟りを説いているのが、このお経。

なのに、「災難から救う」なんて言葉が出てくる。

 

心と世界は分かれていない”という『空』の悟りが、どうやって災難から人を救うんだ?”

とか、”何だか幼稚な現世利益を謳っているみたいだな”、

と最初は思っていました。

 

だけど、このお経の真の意味がわかってくると、

その深さに、”おお! スゲェー!”となったのです。

どうしてか?

 

お経の中に、無意識と世界の関係性を表す、「五蘊」っていう言葉が出てくるんです。

次の5つです。

現象がある 五感で感じる イメージ  イメージを投影する   意識や無意識

 

さて、簡単に言えば、以下のようなことを言ってるんです。

 

 

 

 

『心が世界を創っているから、人生って思い描いた通りになるんだよ。

心のキャンパスには、カルマで、すでに無数の落書きがされているから、災難が起こるでしょ。

 

それを空にする。そして好きなように思い描く心の自由を得なさいよ。

他者や世界を自分のことのように大事にして、利他しなさいよ。

 

そうすれば、苦しみからも災難からも解放されて、

人生の自由を取り戻すことができるんだよ。』、と。

 

皆さん、良い人生を!

 

今日の法話ラジオ(7分) 「幸福な人生を生きるには?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP