宇宙大霊の温泉のような温かさ

『智慧は責任感の発露である』

なぜなら私たちには、

宇宙大霊の如来が内在している。

智慧はそこからの発露だ。

 

如来は、一人子であるあなたの人生に

責任を持って下さっている。

 

だからあなたが、

他者の幸福や世界に責任を持つと、

内なる如来が発現する。

 

それはあなたが、

生きる上での智慧となる。

人生を照らす光となるのだ。

 

光がなければ、ものごとは見えない。

そうなると、

どのように生きて良いか分からない。

 

その場合は、「その他大勢」の生き方に

従う生き方しかできなくなる。

 

「その他大勢」精神の基本は何か?

”他の人のことや世界のことなんか

気にかけていないで、

自分を大切にしなさいよ”

というものだ。

 

(一見、至極ごもっともな言葉につられて、

智慧のない人は、

カルマに生きて、暗黒の崖に向かって歩いていく……)

 

人や世界に責任を持てば、

宇宙大霊があなたに人生に宿る。

 

あなたは、

他者に対して愛を向ける度合いに応じて

幸福になる。

これは、宇宙の理法である。

 

もしかしたらあなたは

、”他者に対して愛を向けなくても

幸福な人生にしてくれよ!”

と思うかも知れない。

 

でも、他者に愛を向けない

その心自体が砂漠である。

 

どうして砂漠に花が咲く

と思うのだろうか?

 

他者に対して愛を向ける心には、

花がある。

 

それは幸福という名の花である。

 

そしてその花は、宇宙大霊の大愛の発現である。

 

責任のない愛はニセモノである。

だから愛と智慧は

表裏一体なのである。

 

宇宙大霊が宿ったとき、

あなたは、大愛の暖かさに、

身も心も溶け入ってしまう。

 

あなたはその

温泉のような温かさ、

宇宙大霊の大愛のぬくもりに

浸るようになる。

 

あなたが自分の苦しみや悲しみを

自己愛で消費せず、

人に対する愛と責任に転換して

道を歩んでいれば、

その先には待っているのは、

温かい大愛の懐(ふところ)である。

今日の10分法話。「大愛を呼吸するように生きる」

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP