修行者よ、孤独を覚悟せよ/Practitioners, be prepared to be alone

修行者よ、孤独を覚悟せよ。

修行者にとって最も必要なものは、衆生を頼まない心である。

 

われ一人という心でないと、

神や仏と向き合うことはできないのだ。

 

特に、利他の活動を為すものは、

時には、いわれのない非難を人から受けることを

覚悟しなくてはならない。

 

それはあなたかも、

「それでもあなたは人々の幸せのために生きますか?」

と問われているように….。

 

傷つき、孤独と絶望の中にあっても見える光に照らされ、

”それでも、自分は進んで行こう”と、うなずく胸に

如来の大愛は注がれているのである。

日々の10分プライム法話(日本語)

Practitioners, be prepared to be alone.

What is most necessary for a practitioner

is a mind that does not rely on sentient beings.

You need to be  prepared  to be  alone,
because you  cannot encounter  God or Buddha unless we are alone.

Especially those who are engaged in altruistic activities.
need to  be prepared to receive unwarranted blame  from others.

As you are asked as,
“Eventhough , are you still willing to live for the happiness of others?

In the light that can be seen in the midst of hurt,

loneliness and despair.

The great love of the Buddha pours into the heart that nods and says,

“Yes, eventhough, I will go forward”

 

関連記事一覧

PAGE TOP