Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/xs204735/endo-ryokyu.com/public_html/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 98

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/xs204735/endo-ryokyu.com/public_html/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 107
幸せな心と孤独でないこと « Blog
2012/12/22 Categories: 日記

ため息ついてふと思ってしまった。

“いったい自分は、何のために生きているんだろう?”って。なんだか、まるでティーンエイジャーみたい、、、。

まあだけど、そうなんだからしかたがない。

僕は人の心を変えたくて生きて来た。このことに気づいたのは数年前だ。どんな心に変わることかと言うと、“幸せな心と孤独でないこと”、に。

なぜ僕は、こんなことのために生きて来たのか?

ちっちゃな時から(浅川マキの歌、風に)

僕は、もの心ついた時から幸せでなく、そしてひどく孤独だった。

そして、そこから抜け出そうとして子どもの頃から必死だった。しかし、それが極まるところまで行ってしまったのは、16歳の頃だった。

その頃の僕は、“どの年齢の人も、またどんな人も、例外なく、死にたがっているのを必死で我慢して生きている”と、頭から思い込んでいた。

きっと僕がそうだったからなんだろうけど、それが自分の投影だとは気づかなかった。それぐらい精神的に余裕がなく、追いつめられていた。

だから、そうでない人がいる、というのを知ったときは、心底びっくりしたものである。

そんな僕だが、子どもの頃からやって来たことは、不幸せっぽい人を見つけては、なんとか幸せな気持にしようと努めたり、孤独そうな人を見つけては、なんとか孤独でない気持にしようと心を病むことであった。

しかし、もちろん、僕の試みは多くの場合、失敗した。

快適な自分を満たすのが幸せなのか?

その原因は、ずい分たってからやっとわかったのだが、、、(恥ずかしながら、実は最近)。

そもそも人が幸せな心になるためには、“他の人を幸せにする気持にならない限りは無理”なのだ。

孤独な人が孤独な心から解放されるためには、他の人の孤独を癒そうする気持がない限りは不可能なのだ。

それが人生の法則なのだ。

それは、よくよく考えてみたら当たり前のことなんだけど、なかなかこれを言語化して認識することはできなかった。だから、失敗して来たのである。

というのは、通常、人は、快適な自分を手に入れることを幸せと呼ぶ。それで、“自分を幸せにすること”が、幸せだと思っている。

ところが現実は違うし、その誤解が解けない限り、幸福にはなれないのである。

 人は、自分で自分を幸せにすることはできない

人に認められたり、優しくしてもらったりするのって、幸せなことだ。これは物質に満たされた北半球の日本に住む私たちが、唯一感じることができる幸せかも知れない。

だけど、どうしたら人に認められたり優しくしてもらえるのだろうか? 有名になったら? お金があったら? それとも偶然のチャンスを待つ?

きっとみんな、“今の自分に足りない何かがあったら、自分はもっと認められるし、もっと優しくされるし、もっと愛される”と思っているのかも知れない。

だけど、それって、今の自分を否定することだから苦しい。それに、そのこと自体が幸せなこと状態だとは、とてもいえない。

また、たとえ自分に足りない何かが、先行き手に入ったとしても、果たしてそれで人に愛されるのだろうか?

人生の事実

地位があるから、有名だから、お金があるからという理由で親切にしてくれる人は、もちろんあなた自身を認めているわけでも、また、あなた自身に親切にしているわけでもない。

言ってみれば、あなたが着ている服を愛しているに過ぎない。

人は、自分で自分を幸せにすることはできない、と言った。これはほんとうの本当に事実なのだ。ただし多くの人は、単なる“快適さ”のことを幸せとカン違いして、そう呼んでいる。

だから、この現実(人は、自分で自分を幸せにすることはできない)を知るのを邪魔して、幸せを求めていながら、逆に不幸の種を積んでしまうのだ。

だって快適さって、長続きしないんだもの。

人間は、どんな快適さもすぐに慣れてしまって、不幸を感じるようにできている悲しい存在だから。(しかも、手に入れてしばらくの間は、これが長続きすると思い込むという、愚かさも併せ持っている)

人は、人に幸せにしてもらうしかないのだ。じゃあ、どうしたら、それはできるのか?

「人は、他の人を幸せな気持にすることでしか、幸せを感じないようにできている」まずは、この峻厳な人生の事実を認識するところが始まりだろう。

“そうかあ、宇宙ってこんな風にできていたんだ〜”と、僕自身、あらためてその不思議を想う。

<続く>

※ああ、バングラデッシュ行きの準備しなければならないのに、ブログなんて書いて時間使ってしまった〜。何か写真でも載せようかと想ったけど、時間ないからやめたっと。

 

 

コメント(1)

  1. 玉本 三和 より:

    本当に、単純で深い真実ですね。忙しいところ、海底t抱き有難うございました。このブログを胸に、1月の「気と仏陀の幸福力」をさせていただきたいとおもいます。これがはらわたで分かれば、人生が変わりますもの。。。
    まず自分のからかえなきゃですね!

返信をキャンセルする。