2011/06/15 Categories: 日記

UNIチャリティフェスまでの一ヶ月の記憶が、ほとんど抜落ちている。きっと、1分1秒も惜しむような動きだったから、思い出したくないのだろう。

その翌日はタイ経由でヨーロッパに向かい、ベローナのイベントが終わっても休めない。飛行機の予約を間違えたからだ。 

結局、ほとんど眠らずにローマまで車で7時間。その後、バンコクまで12時間のフライト。そしてやっと、パタヤビーチのホテルで眠り込んだのだった。

1週間休暇を取ることを贅沢に、多少の後ろめたさまで感じながら、ふっと思った。

「まてよ、ずっと以前は夏のヨーロッパ講習の帰りなんか、一ヶ月でも二ヶ月でも、“後は野となれ山となれ”と、平気で休んでいたのに。

フランス人なんか、二ヶ月夏休み取るのは常識だって言うのに。一体、いつから自分は、こんなに忙しい日本人になってしまったんだろう?  

子供連れで、タイだってインドネシアだって、予定のない安宿の長旅していたのになあ、、、。」と思った。

しかしこれは、長かった子供の頃の夏休みを思い出すようなものかも知れない。


パタヤのプールサイドのレストラン

 


バンコクの公園/ジムって、人間ハムスターみたいな気がする