2011/06/10 Categories: 日記

さて、困った。ローマまで帰る飛行機の日程を間違えて、一日遅い便を予約してしまった。ローマからは、バンコク経由で日本に帰るのだが、となると、その便には乗れなくなってしまう、、、。さて、それで結局どうなったか? 

まず、飛行機でローマに戻るのはあきらめる。そして、ローマに帰る野宮さんたちの車に便乗したらどうか? という話になったのである。彼らは朝の出発時間を、僕らのフライトに間に合うように早めてくれるという。

準備も含めて、ハードだった四日間のイベントが終わり、当初の予定では、後はみんなで打ち上げをするだけ。明朝、ローマ行きの国内線に乗ることになっていた。

打ち上げは当初の予定通り。しかし、ホテルはキャンセル。10時からの夕食後は、ロリダナの家に行く。そして明朝4時に出発し、ローマに向けて車で七時間の道行きとなった。

本当ならば、ローマの三人の皆さん(野宮さん、絹子さん、マリアグラッゼ)も、翌朝ゆっくりと出発の予定であった。しかし、われわれのローマ発バンコク行きのフライトに間に合うように、朝4時に出発してくれるという。

うぅ、誠に申し訳ないが、もはや、それしか残された道はない。というよりは、僕たちはそれで助かったのである。

さて、イベントにおけるタオ指圧のすべてのワークが終わっても、僕にはまだワークが残っていた。



実は、イベント会場のステージで、僕/アルフレッド/まゆさんの三人で演奏することになっていたのである。

アルフレッドは、元プロのジャズピアニスト。僕は彼に、あらかじめラマーニのCD音源の一部を送っておいた。

そしてイベント会場で、三曲ほど演奏した。演奏の方は、音響など、いろいろな問題はあったが、まあウケたから良いか、、、。


<隣でイタリア語に通訳しているのがロリダナ。イタリアは英語を話す人が少ない。>


<練習用のアンプを運んでくれた観音くん(2才)>

オーストリア代表、アルフレッドの子供。ミドルネームは何と「観音」。僕が付けたそうだが、、、。