世界はこれから、面白い展開になっていく

<写真はエプスタイン島>

 

 

古い言葉で恐縮だが、

すべてにおいて疑問を持って検証していくことを

「科学」という。

 

逆に、疑問をシャットダウンして

そのま信じることを「教義信仰」という。

 

メディア教信者の方の特徴は、

『私もメディアを100%信じているわけではないが…..』

と一応のポーズを取ることだ。

 

しかし実際のところ、

「メディアを信じるか信じないか」の問題ではない。

 

メデイアが報道だと思っている時点で、

すでに大本営発表を信じていたメンタリティと変わらないのだ。

 

多くの人は、

アメリカではすでに政権移行していると思っているだろうが、

実際にはまったく違う。(軍政権に移行している)

 

フロリダのトランプの執務室の写真が投稿されたが、

トランプが話している相手は、米軍だった…..。

(これだけで理解できると思うが)

 

これから、すごく面白い展開になっていく。

 

この先の筋書きの基本的なところは読めたので、

ようやく国際政治から卒業できるかな。?

 

オランダ内閣総辞職、クエート内閣総辞職、あといくつかの政権崩壊、

プーチン以外のロシア、イタリアの大統領も辞任。

……というように、すでに多くの政権が倒れた。

 

アマゾンやCNNのCEOも辞任。

他の大手メディアのCEOも。(名前、忘れた….)

 

世界各地で停電。

ワシントンDCの軍隊増派…..。

 

バチカン銀行のトップも懲役。

ロシアの中央銀行のエージェントも逮捕。

 

分かる人はもうこれらだけで、十分に分かると思うので、

もう、これ以上は書かない。

 

ホワイトハウスのバイデンの映像は、

Good が1数百で、Badが2万以上。

(史上最高の得票数と言われている人が、悲惨である)

 

サインしている紙を拡大したら白紙だし、

見ていて正直、気の毒でしかない。

 

ご愁傷さまとしか言いようがないが、

小児性愛の人身売買を行っていた

エプスタイン島に行っていた客なので、自業自得である。

 

 

 

 

<ジョーバイデンは、少女をやたら触るので、

Creepy Joeと呼ばれ、 気持ち悪がられている。>

 

 

 

 

小児性愛シンジゲートの大富豪エプスタインは、

逮捕されたが自殺と報道されている。

(リンウッド によれば、実際には生きている)

 

現在、そのパートナーだったマクスウエルが拘留されている。

彼女の父親は新聞王だったが、モサドのエージェントである。

(出典省略するので、お疑いになる方は、

ご自分で検索してください。ただし、1つでは信憑性が薄い。

別の情報源から3つ{どんなに少なくても最低2つ}は、

探すようにしてください)

 

エプスタイン島の搭乗記録に掲載されていた人は、

オバマ、ヒラリー、その他、ハリウッドのスターたちだ。

 

その他、最高裁判事のロバーツも、搭乗記録と写真がある。

(トランプ陣営が起こした不正選挙の訴訟を受理しなかった人だ)

 

 

 

 

 

 

<『オバマよ、お前もか!』って、まあ常識だけど….^^;>

 

 

 

 

 

 

<エプスタイン島に向かうオバマ。

一体、どこの子を連れて行っているんだ?

それとも合成写真なのか?>

 

イギリスのアンドリュー王子もその中の1人だ。

この辺はBBCなど表のニュースで、何回か報道されているから、

ご存知の人も多いだろう。(すでに司法取引したかも知れない)

 

 

 

 

<BBCがインタビューしたアンドリュー 王子と

エプスタイン島との関わり。

 

左がマクスウエル(現在は逮捕)。

中央が、昔、エプスタイン島で人身売買の被害者だった人>

 

大手メディア教の信者は、

今は欧米では、まだ半分ぐらいるが、

日に日に減ってきている。

 

彼らは、メデイアを自分の信念のよりどころにしているので、

自分たちはマジョリティだと思っている。

 

だから、まだ威勢が良い。

しかし、ある日、自分が少数派になっている

ことに気づくだろう。

 

実を言うと、僕は昨年の秋には、30%まで減るだろう、

と思っていた。

 

しかしちょっと甘かったようだ。

でもまあ、時間の問題だろう。

 

今は、人々が騙されていたことに気づくのを待つ、

忍耐の時期なのだ。

 

そのために、アメリカでは今、

虚構の芝居が続けられている。

 

…..と考えると、何にしてもすごい話だと思う。

しかしまあ、国際政治なんて、実際にはこんなものだろう。

関連記事一覧

PAGE TOP