医学の勝利として、称賛しなければならない!

 

 

 

 

人間にとって説明のつかないこと、

非合理的なことを考え続けることは、

脳に大きな負荷を与える。

 

分かりやすい例を上げると、禅の公案だ。

例えば、「両親が生まれる前のお前を出せ」など、

いくら考えても分からないことを考え続けさせる。

 

その結果、脳の負荷が極限まで行けば、

心の殻がはじけて、真実の自己が現れる。(うまくいった場合は)

 

一般には、カルト扱いされているヤマギシ会でも、

同じようなことをする。

(ヤマギシ会がカルトかどうかの判断は、保留している)

 

例えば、自分の嫌いなものは何かを言わせる。

その後は「それは本当に嫌いなものですか? 

どうして嫌いなのですか?」等を、

一晩中、聞かれ続け、それに答え続けなければならない。

 

脳の負荷が極限まで行けば、心の殻がはじける。

それは、今までの概念を吹き飛ばす。

脳内麻薬が出て、大きな幸福感に包まれる。

 

悪だくみをするカルトの教祖なら、

意図して、

そこにヤバイ「教義」を刷り込むことだろう。

脳の負荷と刷り込み、という構図は、実は現在、世界で行われていることだ。

しかし、このことに気づいている人はあまりいない。

 

コロナが始まってしばらくした頃、僕はちょっとした予想をした。

「総死亡者数は例年と変わらないだろう。

だから、その時になったら、いい加減みんながこの茶番に気づくだろう」

というものだった。

 

しかし僕の予想は二つの点で、見事に外れた。

総死亡者数は、日本もアメリカも、例年よりむしろ減っていた! 

にも関わらず、誰もこの茶番には気づかない!

 

きっと人類の皆さんは、大量の情報によって、

脳に負荷がかかり過ぎているのだ。

 

単純な算数をしてみよう。

コロナ以前・・・コロナ以外の死因数=総死亡者数

コロナ以降・・・他の死因数+コロナ死因数=総死亡者数(増えているはず)

今の現実・・・・他の死因数+コロナ死因数=総死亡者数(減っている)

と言うことは?

アメリカの例で計算してみよう。

アメリカのコロナ死者数は35万人だという。

メンドーなので、総死亡者数が減っていなかったとする。

となると……コロナ以外の死因数は、35万人も減っていることになる。

 

日本は、死亡者数が1万4000人も減ったそうだから、

単純計算でも、コロナ以外の死因数が1万4000人も減ったことになる。

これは多いに喜ぶべき現象のはずだ。

 

心臓病など一般の死因の病気に対する、

劇的な治療法でも発見されたのか?

 

本来なら、死者が減ったことこそ医学の勝利として、

マスコミこぞって称賛しなければならないではないか!

 

しかし、心臓病が減っている等の報道など聞いたことがない。

うーん、「一体、どうなっているのだ!?」

 

マスコミは、この単純な算数のナゾにこそ、

取り組まなければならないではないか!

 

総死亡者数が減っているのに、コロナ死は増えている。

このナゾを、PCR検査を推奨するセンセイ方(山◯教授など)

のようなエライ学者の方々に解いて欲しい。

 

一般の皆さんは、「今日の感染者は、xx人〜」という大量の情報で、

脳に負荷がかかり過ぎているようだ。

どうやら、脳がフリーズ(思考停止)してしまった。

誰も疑問を持たないと言うことは……

国内の死亡1万4000人減(日経新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODB225TI0S0A221C2000000

アメリカの状況も不思議…….

アメリカは?

関連記事一覧

PAGE TOP