戦後最大のショーが始まる!

<写真は、軍事弁護士のシドニーパウエル>

 

 

 

12月8日から14日にかけて、いよいよ戦後最大のショーが始まる。

言うまでもなく、大統領選挙の結果である。

それにしても、大手マスコミと裏ニュースの乖離がすごい!

大手マスコミはバイデン勝利と言い、裏ニュースでは不正選挙に関することばかり。

お互いまったく真逆のことを言っているのだ。

それで、よく聞くのが、一体どの情報を信じて良いか分からない、という言葉だ。

(コロナのこともそう)これって、最高のシチュエーションである。

なぜなら、どの情報を信じて良いか分からない、という今こそ、

自身の直感が試されるときなのである。

もっとも、多くの人は、大手マスコミ信者だ。

だから、裏ニュースなど頭から全否定するだろう。

大手マスコミが正しい、とする心理は一体どこから来るのか?

それは、権威があるからだ。

そしてその「権威」というのは、どこから来るのか?

それは数である。権威とは、多くの人が信じているという、

その一点に過ぎない。(信じる人がいなくなった途端、その権威は消える)

ということは実際には、「裸の王様」とあまり変わらないのである。

そもそも、「数は真実を担保しない」。

そこで僕の直感を述べてみよう。

トランプ陣営が勝利する。この一点に尽きる。

 

 

 

 

大手マスコミ信者にとっては、信じられない話だろう。

だから、戦後最大のショーが始まる、と述べたのだ。

もっとも、これには裏付けがある。

2日前、軍事弁護士のシドニーパウエルが、「大規模な選挙詐欺」の刑事訴訟を起こした。

被告は、ジョージア州のブライアン・ケンプ州知事と、ラッフェンスパーガー州務長官等。

そして、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー州知事と、ジョセリン・ベンソン州務長官である。

この深刻な刑事訴訟を無視して、バイデンを大統領にする訳には行かない。(法律的にもそうだ)

なにせ、大量の証拠が揃っているのだ。

(不正選挙についての公聴会の映像を観たが、

元軍人などの証言は、なかなか圧巻である)

 

 

 

 

したがって、12月8日のタイムリミットを過ぎてしまう。

そして、大統領を決める12月14日にも決められない。

ではどうなるのか?

1月6日の議会までもつれ込む。

そこで大統領が決まらない場合は、副大統領に決める権限がある。

法律では、そうなっているらしい。(慣習という説もある)

であれば、トランプ政権のペンス副大統領が決めるのである。

それなら、2021年からの4年間の大統領は、

トランプに決まり、というわけである。

高校中退の僕が言うのも何だが、マスコミの人も、

せめてこれぐらいの知識は学んだ上で、報道して欲しい、と思うぞ。

実は、トランプの再選は、歴史的転換の序曲に過ぎない…….

本編が始まるのは、再選後である。

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP