大統領選はやはり面白い!

最初に驚いたのは、バイデン票が意外に入っていることだった。

トランプは大差で勝つ!と豪語していたし、バイデンの集会には人があまりない、

という映像ばかり観ていたから、すっかりそうだろう、と思っていた。

 

 

 

 

ところがトランプは劣勢になった。

それで、なんだ話が違うじゃないか、と思ったので「トランプガス抜き説」を考えた。

これでトランプが負ければ、小児人身売買などもすべてうやむやになる。

元TBSの薬物強姦魔山口並に「クロ」のヒラリーの犯罪も、表に出ないだろう、と思ったからだ。

「トランプ麻原と同じ役割説」というのは、麻原がフリーメイソンだのなんだのって言っていたから、

オウム事件以降、それらはすべて陰謀説というこことになったからだ。

(カルトは基本的に、1%の闇側が資金を出している。在特会もそう

トランプが負ければ、小児人身売買も陰謀説になる。

これについては人類総思考停止になるだろう。

(普通の頭で考えれば、マフィアから買う子供は高額だ。

加えて、山口氏みたいに捕まらないのは、政治力のあるセレブしかいない)

いや、待てよ!と思ったのは、

今度のFBI長官が、シドニー・パウエルになるという情報を得たときだ。

この人は、アンソニー・ウエイナーのパソコンに入っていたヒラリー関連のメール

(恐らく動画)を観た人なのだ!

と聞いても訳が分からないだろうから、補足説明する。

ヒラリーと非常に関わりが深いアンソニー民主党議員は、

未成年にエッチな画像を送ったかどで捕まった。(なんて、バカなやつ!)

そのPCを捜索するため、捜査員12人が事務所に行った。

(ヒラリーは、自分の事務所に捜査員が来る前に、ハンマーでPCを叩き壊していた)

そのPCの中身を見た捜査員12人の内、何と、9人までが死んだのだ。記事はこちら

9 Out Of 12 People Who Saw Anthony Weiner’s Laptop Are Dead(アンソニーのPCを見た12人の内、9人が死亡)

一度ブログで書いたけど、ヒラリーの犯罪を暴こうとする人は次々と死んでいく。

(一説にはその数は70人だという) ブログはこちら

トランプがその生き残り(推測)の一人をFBI長官にした、ということは、だ。

もしかしたら本気なのかも知れない、と思った。

(たとえトランプが選挙に勝ったとしても、

人身売買の凶悪犯の象徴であるヒラリーのことが表が出ないのであれば、

Qガス抜き説、麻原役割説は続行だけど……)

温暖化問題のスターであるグレタが出てきた時も、

コロナが中国で発生した時も、最初は僕もメデイアを信じて、

ああそうなんだな、と思った。(3日から1週間ぐらいは)

でも、少し経つと「いや、待てよ」と思う。直感が告げるのだ。

僕はこの直感で、長かった家出少年時代も、インドや東南アジアの旅でも、

パレスチナでも、バチカンでも(^ ^)、その他、諸々の状況をかいくぐって来たのだ。

だからこんな負けそうな状況でも思う。やはり、トランプは勝つだろうな、と。

関連記事一覧

PAGE TOP