見ざる、言わざる、聞かざる

“君の言っていることがたとえ真実であったとしても、僕は信じない”。これは、「911の真実を求める建築家の会」の大学教授が友人に言われた言葉だ。

たとえ真実だとしても、、、、だ。

ようするに、政府や大手メディアが言っていること以外には、脳内フィルターがかかってしまう。それ以外の情報に対しては、「見ざる、言わざる、聞かざる」状態になるのだ。

そうであれば、もはや何を言っても向こうには“見えないし、聞こえないし、言えない(話が通じない)”。

“王様は裸だ!”って、子どもがひとこと言えば、全員が真実に目覚める、なんていうのはやはり童話なのだろう。

日本の911の真実を求める科学者の会
http://js911truth.org/

住職に聴く、最新号はこちら
です。

住職に聴く!2020年8月号

関連記事一覧

PAGE TOP