2013/09/17 Categories: 日記

この副題は、-Google 潜入ルポ-だが、これが「探偵は見た!」みたいな暴露記事だったら、ハードボイルドで少しは様(サマ)になるのだろうが、ある意味、まるで“のどか”で、しかし個人的には緊張するできごとだった、というだけの話であることを、最初におことわりしておきたい。

“のどか”というのは、宇宙人(注)が働いているIT企業が、「両親を仕事場に招待しようDAY」(Take Parents to Work)なるものを設け、招待された僕が、のこのこ出かけて行ったからである。

※注/宇宙人というのは、僕の息子の結万(ゆうま)のこと。詳細は、6月のブログ「宇宙人 vs 変人」endo-ryokyu.com/wp/?p=3225 をご参照下さい」)

この日は、米国本社の社長も含めて、世界各地の社員たちは両親を会社に呼んでいたそうだ。(本社現地の映像がネットで、実況放映されていた)

企画は、社員が仕事を休んで1日、自分の両親に付き添い、社員食堂で一緒にランチを食べ、ともどもワークショップを受け、会社を案内し、夕方にはちょっとしたパーティがある、というものである。

写真-1

<グーグルアースで火星を見る>

思い出すだけでも、うぅ、 実はかなり照れくさかった〜、、、。次第に薄れていったものの、夕方パーティでビールを飲むまでは、気分はまるで父兄の授業参観であった。(子どもの頃には、行ったことがなかったしなー。宇宙人、中学はやめちゃったし。高校にも行かなかったし)

しかも、六本木ヒルズなどという、およそ僕には不似合いな場所。だから会社の受付に行くその直前、僕は結万にメールを打った。

「服装を考えると、浮きまくると思うが、よろしくな」

ふははは。覚悟させておけば問題なかろう、というのが、僕の作戦であった。

そして僕は、作務衣で出かけて行った。(これでも自分にとっては、半正装なのである)

写真-2

<六本木ヒルズ>

もっともアップルのスティーブ・ジョブスをみてもわかるように、最先端のIT企業の人は、ジーパンにスニーカーとか履いて仕事をしているというイメージがある。だから、まあ大丈夫だろう、、、。

それに、もし仮に浮いたとしても、それはそれでしょーがないもんな。覚悟もさせたし。(←とか思ったのである)

実は僕、自分が精神的には、時代の最先端にいると思っている。(未来を前提に生きているので)だから、IT関係とか先端企業の人たちに対しては、あまり臆する気持ちはない。

でも、実は苦手なタイプの人たちがいる。それは、旧世代感覚の人である。いわゆる、家柄がどうとか、学歴がどうだとか、お金持っている奴がエラいとか、そういう精神フィールドに生きている人たち。そういう人相手だと僕は、何だかその場にいるのが申し訳なくなってしまい、まるで、しおしおのパーなのである。

僕は、社員はまあ平気だけど、きっと両親は旧世代感覚だろうなーとかを勝手に想像し、ああ、ちゃんとあいさつしなきゃなとかで緊張したのである。(うぅ、ちょっと情けなかー。そのへんを、そつなくできる人が、僕は心底うらやましい)

その上、ウワサの社員食堂はうわーカルチャーショックだなとか、六本木ヒルズの高層階はスゲーなとか、うぅ照れくさいなとか、広いな、まるで迷路で迷子になりそうだとか、まあ、そんなこんなで、心がいっぱいいっぱいの一日でありました。

写真

<世界最先端は誰だ? 宇宙人 vs  変人の闘いは、まだ続く>

今度は、「世界最先端の精神から今の時代を読み解く」というタイトルのエッセイでも書くことにしようかな?

例えばテーマは、”仏教ブームの背後にあるネット”や、“萌え系文化の意味”等々。実は、そんなところにも、現在や未来を読み解く種が、隠れているんですよ〜。