2014年12月の記事

この世を背後で支配している人たちについての考察

2014/12/19 Categories: 未分類

ブログ、ちょっと寄り道。

———————————————————————-

この世のシステムを裏で支配している人たちがいる。
彼らは人びとを動かすことでシステムを成立させている。

それによって人が苦しむ。


一見これらのシステムは、国民のためにならない法案を通す政治家が作っているように見える。

また、実行部隊は、会社や行政に見える。

例えば、子どもに毒を食べさせる食品業界、原発を再稼働させる行政官、また電力会社の社員。

ワクチンや抗がん剤が“百害あって一利なし”、と知っていて打たせる医者や、それを販売する製薬会社。

彼らが一見悪いようにも見える。

システムの背後にいて、人びとをそのような行動をさせている者たちがいるのはたしかだ。

しかしシステムが成立しているのは、背後の人たちの力によるものではない。
彼らに力を持たせてているのは、あなたや私のような一般の人たちだ。

それは、「自分の利益になること以外は、他人事とする」生き方に支えられている。( 精神的利益か経済的利益かは問わない)

「責任を持たない」ことをかっこいいこととし、何の得にもならないのに、責任を持って人を世話するなんて、「バカみたいなこと」として、その事に痛痒を感じない生き方、である。

これこそが、人びとに毒を食べさせ、原発を再稼働し、ワクチンを打たせるのである。

言い訳は、「悪いとはわかっているけど、仕事だから」、、、。「責任追及されるとつらいんだけど、、、」。「上に言われたし、、、」。「生活があるから、、、」等々。

立派な言い訳である。

驚くべきことだけど、今一般には「自分の利益とは無関係なことに対しては、当事者感覚を持たないし、責任も感じない」ことが当たり前になっている。

だから、もし仮に世界を変えることに関心を持ったとしても、「わかりましたけど、どうしたら良いですか?」などという言葉が出て来る。

これは、「言われたからやるけど、でも責任はあなたにあるんだから、あなたが決めてね」という意味が言外(無意識)に含まれている。

 

人類を苦しめているシステムを操る人たちにとって、最高の良い子ちゃんたちとは、まさにこの「自分の利益になること以外には、責任を持って行動しない」人たちである。

ときに彼らは、世界の裏のシステムについて文句を言う。
でも、世界を変えようとする活動のために責任を持っては行動しない。

そして、「自分の生き方こそが、この世の背後にある闇のシステムを支えている」という事実に気づいていない。

 

 

0
Posted in 未分類 |

ガザからのロケット弾を撃ち落とす音か?

2014/12/04 Categories: 未分類

ブログの筆が止まった。

すでに、途方もない次のプロジェクトに動きだしてしまっていたからだ。

(、、、皆さん、一体、何だと思います?)

僕が書いたアースキャラバンのテーマ曲を、世界18カ国の人に歌って録音してもらおうというもの。

 さらに人々がその曲を各地で歌っている情景を映像に撮ってもらい、それをつなげて、1曲の音楽で世界をつなごうというものである。その結果はこちら

こんなのは、テレビ局がしかるべき予算と半年ぐらいの時間をかければ、できることなのだろう。

しかし僕は思ってしまったのだ。みんなに基本ボランティアでやってもらって、2週間ぐらいでまあ簡単にできるんじゃないかなー、と。

うぅ、なんとまあ安易にものを考える奴だろう。(←自分のこと)

中東でのプロジェクト(広島からエルサレムまで行くアースキャラバン)も、まあ現地に行けばなんとかなるだろうと、能天気にガザ空爆中に出かけたが、それとまったく同じ能天気さ、である。

こうして、24時間体勢の日々が始まったのである。

それはさておき、中東での活動の続きを語らなければいけない。

その前に、中東で僕とオリバーが動き回ったその目的を、もう一度、クリアー(明確)にしておこう。

P1050017

アースキャラバンの出発地は広島で、終着駅はエルサレムである。エルサレムでは、ピースコンサート、その他諸々を行う。

そのステージでは、四つの宗教(仏教、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教)が合同で行う礼拝と共同声明を出す。

 また会場では、ボランティア指圧や、去年まで開催していたチャリティーフェスティバルのようなことも、できればやりたい。(その他にもいろいろあるのだが、とりあえずは、ここまで書いておくことにする)

それを僕らと一緒に企画実践してくれる人たちと出会い、実行委員会を立ち上げるために僕らは中東に入ったのである。(わずか2週間でそんなことが可能か? などとは考えない。ただ、そうしよう、と思うだけなのだ)

さて7月25日、僕とオリバーはハイファに向かった。

ハイファには、ユダヤ人とアラブ人の子供が一緒に通う幼稚園があるからだ。すでに運営者とは、ローレンスがメールのやり取りをしていた。

ならば彼らに会って、キャラバンについて話しに行こう。そう思ったのだ。何がどこでどう、つながるかわからないからだ。

僕らとしては、あらゆる可能性にかけて、ただひたすら行動していくだけ。

64323_10151347533623461_850694753_n

<左がガイ・ダビデ、右がマイケル・ムーア>

ハイファに向かう前、テルアビブで映画監督のガイ・ダビデと会った。彼は、「五つの壊れたカメラ」というドキュメンタリー作品を撮り、それがオスカーにノミネートされたことで、イスラエルでは有名人である。(そういえば、アメリカのTIME誌の表紙になったという話も聞いた)

1902875_10152318826509274_367062634_n

<タマール>

 

また彼に紹介してもらった、タマールというバリバリの女性活動家とも会った。

数時間、それぞれ別々に話し合ったあと、僕らは電車に乗り、夕方のハイファに着いた。幼稚園の訪問は明日だ。

ハイファにはアラブ系の住民も多い。イスラエル建国後も、そのまま残った人たちだ。(多くのアラブ人は故郷を捨てて難民になった。この地がイスラエルの領土になった現在、彼らは多くの差別の苦しんでいると聞く)

夕食を取りに出かけた。久しぶりに何もスケジュールがない夜だった。庭にディナーテーブルを出している店に入った。なるべくアラブ系の人たちが多い店に入った。

このアラブ系住民が経営しているであろう店で夕食を食べながら、今も尚、丸腰で爆撃されているガザの人々や子供たちのことを想った。胸が痛かった。

ディナーを囲んでいるアラブ系住民の人たちの顔を見ても、やはり暗かった。それはそうだろう。同胞が今夜も殺されているのだ。

最初は花火でも打ち上げているのかと思ったが、、、

奇妙な音を聞こえた。遠くで花火をやっているような音だ。最初は花火だろうと思って気にも留めなかった。タイなどではよくあることだ。

でも、とふと気がついた。これは、ガザからのロケット弾を撃ち落としている音ではないか?、と。

ガザからのロケット弾なんて、イスラエル軍の兵器に比べりゃ、花火みたいなもんだろう。距離を考えたら、まさかガザを爆撃している音ではあるまい。

、、、そして食欲の失せた僕らは、ホステルへと戻って行った。

早くパレスチナ側に行きたい。気持は焦るが、まずは明日の幼稚園をクリアしなければならない。活動は、まだ始まったばかりなのだ。

それにしても、僕らうまく人々と出逢えるのだろうか?

明日から一体どうなるんだろう?

続き

 

0
Posted in 未分類 |