2013年12月の記事

菩薩さまとの出会い

2013/12/25 Categories: 未分類

生涯のほとんどをハンセン病のサナトリウムで過ごされて来た、中村幸枝さんという方がいる。僕はその方に会いに、群馬県の草津に行った。

幸枝さんのことを知ったのは、僕の音楽と本の大ファンになってくれていることを、飯塚さんという旧生徒さんから聞いたからだ。

飯塚さんによれば、6枚のCDを毎日聴いてくれており、本などは何ページに何が書いてあるのかまで憶えていて、飯塚さんに教えてくれるという。

さらに僕の本を、医療従事者に配ることまでして下さっているそうだ。そして、僕の音楽を聴くことによる身体の変化を、論文にまで書いているので、もうびっくり。

ただ残念ながら、最近は目が不自由になってしまった上、脳梗塞を起こして半身が不自由になってしまい、さらに、腎臓病まで併発してしまったと聞いた。

僕は、「これは行かなければならない。」と思った。

写真 y

<サナトリウムの前で>

写真 iizuka

<飯塚さんと>

その他に聞いたことは、幸枝さんが、浄土真宗の念仏信者さんで、仏教にも造詣が深いということ。僕は、仏教に造詣が深く、なおかつ目が不自由になってしまったのなら、自分が毎週やっている法話ライヴをCDにして、聴いてもらおうと思った。

というのは、法話ライヴは、ユーストリームでネット配信されていて、過去に放映された法話も視聴できるようになっているからだ。

こうして過去の法話ライヴを、CDやDVDに落とすプロジェクトが始まった。幸い、このプロジェクトに賛同するタオサンガの有志が12人も集まってくれ、過去のものも含めて、法話ライヴのCDをサナトリウムに定期的に郵送していけることになった。大感謝! ありがたいことである。

飯塚さんには、「幸枝さんが病室を出られ、春になってからでも来て下さい」と言われていた。でも、東京の4日間のクラスを終えた僕は、1日おいてから群馬県草津市に向かった。ちょっとしたサプライズのつもりで。

サナトリウムの近くのバスターミナルから、飯塚さんに電話した。飯塚さんは、もちろんぶったまげていたが、自宅に向かっていたのをわざわざ引き返してくれ、僕をサナトリウムまで案内してくれた。(その上、患者さんの予約が入っていたのに、キャンセルまでしてくれた。うぅ、申し訳ない、、、)

長い間、僕は幸枝さんという人を、なんとなく中年の女性ぐらいに考えていたのだが、82才と聞いて、またびっくり!

僕の音楽を毎日にように聴き、また、全著作を飽くことなく読んで下さっている上、論文というかエッセイまで書かいていらっしゃる方と聞いて、82才をイメージすることは難しかったのだ。

さて病室に入って紹介してもらうと、幸枝さんは僕が訪ねて来たことに対して、何だか現実感が湧かないようだった。まっ、目も不自由だしね。

少しばかり話をしたあと、僕はさっそくベッドの上で治療を始めた。ところが、、、ものの10分ぐらいで、リハビリの時間になってしまい、聞くと、その他病院スケジュールが2時間以上も続くとかで、あえなく中断。うぅ、、、。僕は、来年の再訪を約して引き上がらざるを得なかった、、、。

写真 yuki 1

<病室を出たあと>

病室をやむなく辞した僕たちは、このサナトリウムで知り合って結婚されたという、ご主人の中村さんに会いに部屋まで行ってみた。

僕の来訪を驚いて喜んでくれている中村さん。ふと見ると、テーブルには、僕が書いた「タオ指圧入門」(講談社α文庫)と、その隣にはナンと将棋の本があった。

僕は中村さんに、「将棋お好きなんですか?」と聞いたら、「はい」というお返事。聞けば、県の障害者の将棋大会で優勝しているとのこと。そこで僕はすかさず、「中村さん、将棋やりましょう!」と誘い、中村さんは喜んで盤と駒を持って来てくれた。

対戦してみると、ほぼ互角という雰囲気だったのだが、うぅ、負けてしまった。2回目は、僕が勝つ寸前だったのに、どんでん返しの逆転負け!

次回のリベンジ・マッチを約して、僕は部屋を辞した。くそー。次は負けんぞ、中村さん。

写真 naka 1

<中村さん、けっこううれしそうに盤と駒を持ってきてくれた>

写真 naka 2

<最後に、見事逆転されてしまった〜!>

僕はこのブログのタイトルを、「菩薩さまとの出会い」とした。それは「自分が直接原因でないのに不幸を背負ったり、またハンセン病のような重い病気になったりして苦しむのは、世界のカルマを背負ってくれている、菩薩さまだからである」という認識が、僕にはあるからだ。

仏教には「代受苦」という言葉があるが、それは他の人の代わりに苦しみを受ける菩薩の行為のことである。

もちろん本人は、そうは思っていないに違いない。自分が苦しむのは、自分のカルマが原因だと思っているだろう。こんな病気になって、家族にも迷惑をかけた。こんな自分が悪いんだと思って、自分を責めて来たかも知れない。

でも違うんだ。絶対違うんだ。「あなたは、世界のカルマを背負って病気になって下さった、尊い菩薩さまなんだ。」僕は、そう言ってあげたい。だから僕は、そういう方には、拝むような気持で会う。

写真 yuki 2

<サナトリウムは、山の上にあった>

、、、その後、僕は大宮、東京経由で、東北に向かった。タオサンガのメンバーが気仙沼にボランテア指圧に行っているので、そのお手伝いをするためである。

0
Posted in , 未分類 |

戦争から平和への反転

2013/12/12 Categories:

沖縄で記者会見

博多から沖縄へ飛んだ。沖縄戦時写真の遺族探しの記者会見をするためだ。着いたら「ああ、あったかい〜!」この気候、僕には、ほどよいんだけどなー。

夕方、会見をセッティングされた、うる文化協会の田島さんらと打ち合わせする。翌日の会見には、見つかった2人の遺族の内、1人の方が来てくれるという。

また、写真を常設展示して、今後も引き続き遺族に返還して行ける体制も整ったとのこと。本当に良かった〜。

アメリカの田舎のクロゼットの奥(か何か)で、68年もの長い間、帰国を待っていた写真の英霊たち。彼らの帰る家がやっとできたのである。

そして、さらにここから遺族のもとへと、帰る道筋ができた。僕は心底ホッとし、安堵のため息をもらした。

沖縄6

 <田島さん。右が安田さん>

解けた長年のナゾ

記者会見の場所は、沖縄県庁の記者クラブとのことで向かったら、日本山妙法寺らしきお坊さん2人が、県庁の前に座り込んで題目(南無妙法蓮華経、ね)を上げていた。

会釈したら向こうも返してくれ、目があったので見たら、意外に若いんで驚いた。というのは、日本山妙法寺のプロテスト行脚って、僕のイメージだと、ヒッピー世代の産物だったからである。

もしかしたら、時代が一巡しているのかも知れないな。まあ、あんましこっちは変わんないけど。(←われながら意味不明)

ところで僕は、本当に長い間ナゾだったことが、この時に解けた。もっともこれは、恐らく誰にとっても、本当にどうでも良い話である。だが、自分の中ではとても大きいことなのだ。

書きかけたので、大した話ではないことを、あらかじめこうしてお断りした上で述べることにする。(何だそんなことか、と思われるのは100%間違いない話だと思うが)

かつて、僕が大好きだったフラワー・トラベリング・バンドという、日本のロックバンドがあった。僕がアメリカに住んでいた頃に、カナダで活躍していたバンドだ。

僕は、アメリカから帰って来たばかりの中学2年生の頃、そのアルバムを一日中聴いていた。アルバム名は、ナンとSATORI。サトリ・パート1から5までの、全5曲である。

その後も僕は、ギタリストの音色や、アップ・ピッキングのみという独特の弾き方を、ずい分と研究したものだ。

さて、その中のサトリ・パート2という曲には、日本の和太鼓のような独特のリズムが使われていた。僕が特に好きだった曲だ。

あのリズムは一体、日本のどこのお祭りの影響によるものなんだろう? このことはずっとナゾのままだった。実は、最近でも、時々考えていたぐらいである。

それが沖縄県庁前でわかった! サトリ・パート2は、日本山妙法寺が題目で叩く、団扇太鼓(うちわ・だいこ)のリズムだったのだ! 僕がサトリ・パート2のリズムに惹かれていた理由が、これで解明できたのである。

1483348_557280177699915_1361970405_n

 <団扇太鼓で題目を上げながら「基地なくせ!」とプロテストする日本山妙法寺のお坊さんたち>

写真のご遺族、佐渡山さんと会う

県庁のロビーで田島さんと待っていたら、ご遺族の佐渡山さんがいらした。こちらにもまた驚いた。80過ぎとはとても思えない、背筋のすっと伸びた、ステキな妙齢の御婦人だったのである。

記者会見には、琉球テレビと沖縄タイムスなどが来た。30分と言われていた記者会見だが、やはり地元だけあってとても熱心。質疑応答は、1時間以上にも及んだ。

沖縄記者会見

 <アメリカから帰って来た経緯などについて話す>

沖縄4

 <一時間以上に及んだ>

沖縄にて写真を手渡す

<写真の返還。右がうる文化協会理事長の川満氏>

沖縄記者会見

<会見は、県庁の記者クラブで行われた>

佐渡山さんをお連れして喫茶店へ

プレスから解放された後は、ご遺族の佐渡山さん、田島さん、高江州さんご夫婦と一緒に喫茶店に行き、ユンタク(琉球語:おしゃべり)した。

佐渡山さんは、ヨガや食養もされており、また戦後は英語を学んで、アメリカン・エキスプレスに勤めていたという方であった。みんなとも興味が共通して、僕らみんなですっかり仲良しになってしまった。

アメリカで68年間眠っていた写真が遺族のもとへ帰り、それを通じて人と人が仲良しになる。何とも、ドミノ倒しのような、不思議なアレンジメントだ。

様々な縁のつながりという流れの中で

その最初の流れを作ったのが、クリスティン。(本人もミュージシャンで、僕の音楽のファンになってくれているとのこと)旦那さんのお祖父さんの遺品の中にあった写真を発見し、「ぜひこれを遺族のもとへ返して欲しい!」とアメリカ在住のすみこさんに、涙を流さんばかりに懇願したらしい。

それからすみこさん。デボラが運営している、ウイスコンシン州のタオサンガ・センターに、ご家族で通い、僕に遺族写真を依頼された。

そして田島さん。かつて僕が、沖縄の精神病院で活動していた時からの良き友人だ。

様々な縁のつながりの中で、今日までの流れがあった。
この流れの中で、個々の心のあり方や人間性が浮き彫りになった。そしてその結果、消えていく縁もあれば、仲良くなる縁もあった。

今日は、このプロジェクト第一フェイズの終わり。そして僕、佐渡山さん、田島さん、高江洲さんご夫婦(ステキな奥さんである。僕はお会いして2度目の高江洲さんに、「高江洲さんは、奥さんで持っているようなものですねー」など図々しいことを言っていたが、これも沖縄の気楽さである)は、喫茶店で楽しくお話しすることができた。きっと、これからもつながるご縁だろう。

このプロジェクトを通じて、僕とすみこさんや息子のマイルス君(12歳)ともつながった。ゲゲゲの鬼太郎が好きだというマイルス君に、鬼太郎の漫画を何冊か送って上げたら、絵の礼状を送ってくれた。

995259_552066661554600_271258629_n

<アメリカから送ってくれた、マイルス君の絵!>

写真の発見者であるクリスティンとも、つながった。クリスティンは、「アメリカ人が日本人に申し訳ないことをした」という、贖罪感を持っているようなので、僕は、「あなたのお陰で、写真が帰ることができたんですよ」と、感謝メッセージを出すなどして、やり取りをした。

かつての戦争が取り持つ縁で、人と人が平和に仲良くつながったのだ。ドミノ倒しの最後は、まるでオセロゲームのように、戦争から平和へと色が反転したのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

3
Posted in |

博多でのディープな体験

2013/12/08 Categories:

博多に行ったのは、いくつか目的があったからだ。

まず、博多の書店で「気の体験イベント」&音楽ライブをやるための打ち合わせ。
それから、九州タオサンガの立ち上げ準備のためである。

その他にもあった。

佐賀に、戦時遺品の返還プロジェクトをやっている、塩川さんという人がいる。佐賀で塩川氏にお会いして、タオサンガに届いた戦時中の慰問袋のことを相談したいと思っていた。

また、沖縄戦の遺品があれば、今回、沖縄に行くに当たって、それも持って行けないかと考えていた。(博多の後は、沖縄に行くので)

だが、出る直前に塩川氏は不在だということがわかった。その代わり、関西に出て来られるので京都で会うことになった。

 

 写真 s

<日にちは前後するが、右が戦時遺品の返還プロジェクトをされている塩川さん。フィリッピンから帰ってきたばかりとのこと。氏には、貴重なアドバイス、情報等を頂いた>

 

健太郎さんとの出会い

書店でのイベントをつないでくれたのは、新部健太郎さんというダンサー。彼との出会いもまた不思議な縁によるものであった。

6月に博多でタオ指圧体験講習をやったときのことである。大昔、僕が東京に住んでいた時に講習会に来られていた人に声をかけられた。会場の公民館の廊下で。その時に、一緒にいたのが、新部健太郎さんであった。

その時は、10分ほどロビーで話をしただけだった。でもその後、お互いフェイスブックでつながってやり取りするようになった。

そして、彼が企画に関わっている“書斎りーぶろ”という書店で、ワークショップと音楽&ダンスのコラボをすることになったのである。

書店でのイベントというのは、僕はずっと以前、ハワイの大きな書店でデモンストレーションとサイン会というのをやったことがあった。それで、何となくイメージはつかんでいた。

実はその時、企画した人に「サイン会なんてやって、有名作家じゃあるまいし、人は来るんですか?」と聞いた。

そうしたら、「大丈夫。“痛みなどの症状がある人は、指圧デモンストレーションで治します”」って、新聞に出したから」
、、、そうか。こちらは「なるほど」というしかなかった。

まあその時は、なんとか次々に症状を取っていったので、来た人は喜び、本も在庫が全部売れて書店も喜び、僕もホッとしたのだった。

 

ダンサー、健太郎さん

<ダンサー、健太郎さん>

 

ディープな博多の初体験

さて、博多第一夜は、九州タオサンガメンバーと居酒屋でミーティング。学校の同窓会で来ていた、九州出身で今は横浜在住のみさきさんも参加した。このメンバーで会うのは、夏にタイで行われた世界大会以来である。

翌日は、健太郎さんとみさきさんの3人で居酒屋へ。なにせお互い初めて会ったようなものである。僕も今でこそ、ちゃんと「健太郎さん」と書いているが、メッセージには「新太郎さん」と書いていたぐらい、彼については何も知らなかった。

で、「新太郎さん、いや健太郎さんはお酒飲むんですか?」と聞いたら、「まあ、たしなむ程度は、、、」という話だった。

、、、が、それがディープな夜になろうとは、、、。
というのは、話が文学論まで出るほど多岐に及び、例えば稲垣足穂(「少年愛の美学」の著者)だとか、最近では、まず名前を出す人なんかいない人たちの話まで出て来て、もう僕はびっくり。

さらに、たしなむ程度、と聞いていたお酒は杯を重ね、ではもう一軒、ということになると、文学論をかわした後じゃ、断るなんて、かっこ悪くてできないので、もちろん行くことになる。

そして、連れていかれた超レトロな店でもさらに飲み、このウィスキーはストレートでなきゃ、と言われて、飲んでいるときに、生まれて初めての体験をした。

それは何か?
なんと気がついら、側頭部が床にあったのである。
ドスン!とすごい音がして、あわてて起きた。

どうやら僕は座ったまま眠ってしまったようだった。ひどく酔っていたので、眠ったまま倒れたらしい。ははは。こりゃ、もうびっくりしたわい。

その翌日は、さらにびっくり。書店“りーぶる”イベント企画担当の渡辺さんにあったら、これがまた超ディープな人だったのだ!

現地の書店で打ち合わせた後に、渡辺さん行きつけの店にランチに行ったのだが、その場でビールが2本抜かれたのである。すげぇ! 昼の打ち合わせでビールとは! こんな体験も、初めてだった。

 

写真j

<右から渡辺ジョニー。さん、健太郎さん。左がみさきさん。ビールが2本、抜かれている>

 

渡辺さんのあだ名は、ジョニー。(まるがないとダメとのこと)。やることなすこと何でも素速い。僕も行動は相当に速い方だと思っていたが、うぅ負けた。彼のスピードはマッハ級であった。僕は、彼のあだ名を「マッハ」にしたいぐらいである。

何せランチタイムの間に、僕らの写真を撮ってはフェイスブックに上げ、すぐに何人もの人からいいね! をもらっているのである。初めてあって、つい1時間以内の話である。

ジョニー。が投稿したフェイスブックには、「東京からみえた正体不明の遠藤喨及さんをお迎えして、よし田の鯛茶で秘密の打ち合わせ中! 何故か、ビールもあります(^^♪ー。 アドレスは endo-ryokyu.com」と書いてあった。

次の日は、健太郎さんに、博多をいろいろ引き回してもらった。その内の一軒の喫茶店に行った時のことである。

店では、健太郎さんとみさきさんが、僕の考案したボードゲーム、チャリティクスをしていた。

その時、同テーブルに相席になって観戦していた人がいた。健太郎さんとはフェイスブック上で友だちになっていた人、上野宏美さんである。

 

写真 tx

<残念ながら上野宏美さんは頭しか写っていないので>

998055_367765590016793_1365793429_n

<上野宏美さん登場!/フェイスブックの写真から>

僕らはまったくの偶然で宏美さんのいた店に入り、相席になり、彼女は観戦して帰った。別れ際、フェイスブックでつながりましょう〜、とかお互い言い合った。

その翌々日のこと。僕のフェイスブックにメッセージが入っていた。上野宏美さんからだった。

「おはようございます‼︎チャリティックスが欲しいです^_^ どうしたらよいですか〜?」

おお! 同志よ! 超うれしかったぜい!

さて、その後、博多駅で僕が見たものは、、、。ジャーン! ナンと本物のゼロ戦である。

 

写真0

<本物のゼロ戦。映画「永遠の0」のキャンペーンだった>

次の日、僕は沖縄に向けて出発した。
記者会見の席で、見つかった戦時写真の遺族に写真を返すためである。なんというアレンジメント!

ーつづくー

0
Posted in |

ひっくり返ったけど、ありがたい

2013/12/07 Categories: 未分類

最近の僕は、ゲームSNSという新しいコミュニケーション・ツールを開発しようと、そのアイデアに取り憑かれている状態だった。

僕は何かをしようとする時は、だいたい取り憑かれてやっている。本の原稿執筆であれ、音楽であれ、指圧や武道研究であれ、何でもそうだ。

自分の方から、自発的に集中してやることはない。まるで”世に出せ!出せ!”と言われているかのように、向こうからうるさくやって来る。そして、僕の無意識は激しく揺さぶられ、結果、気がついたら、突き動かされるようにやっている、というわけ、、、。

まあ、そのことはいい。

沖縄から帰って来て、京都で取り憑かれた2週間ぐらい(日数感覚がないので、多分だが)を過ごした後、東京に行き、帰って来たと思ったら、その数日後はもう博多に向かう前日を迎えていた。(博多に数泊した後、再び沖縄に向かう予定)

さて、出発の前日、知恩院から自宅のある高台寺に向かって、誰1人通ることのない夜道の石畳を自転車で走っていた。すると、後からすごいスピードで走るバイクの爆音が聞こえた。

こんな静かな道をうるさい奴だなー、と思いながら左折したら、バイクが後輪に激突。背中にパソコンを背負った僕と自転車は、さすがにア〜レ〜!と、あえなくひょいと、ひっくり返った。

バイクも転倒し、10メートルほど激しく横滑りして倒れる。ライダーも倒れている。まるで、テレビの1シーンみたいである。

僕は、前腕を打ち付けた。ジャンパーとトレーナーを着ていたのに、後で見たら、肘下が擦り剥けていた。

ai9

でも、どうやら僕は、ふあーっと柔らかく受け身を取ったらしい。パソコンも無事で、倒れた相手のバイクに「大丈夫ですか? こっちは気にしないで」なんて声かけるほどだった。

普通なら、もっと大きな事故になったかも知れないが、超ラッキー! 合気道の受け身練習を、さんざんやっていて良かったぜい! 仏さまのご加護に、ありがたや〜、ありがたや〜、の僕であった。

後で風呂入ったとき、擦り剥けた腕がお湯につけられなくて、“あんにゃろーめ”って、ちょっと思ったけど。

さて次の日、ランチでテーブルに肘をついたとき、痛いので、“そういえば、、、”と思い出した。翌日には、すっかり忘れていたのだ。

0
Posted in , 未分類 |

沖縄へ再び

2013/12/01 Categories:

続きは、沖縄、、、というところで終わった前回のブログ。ああ、なかなか追いつかないなあ、、、。

ところで僕は、勤め人としてサラリーを頂いたのは、あとにも先にも沖縄の精神病院にいたときだけだった。僕は、そこの院長や看護師に指圧を教え、また患者さんを診て、精神医療における東洋医学の効果を本にするということで、1年間の契約で名護に住んでいたのだ。

もっともその企画は、院長の暴利暴走によって労働争議が勃発し、僕が職員側についたためにご破算となった。(損な性格なもんで)そこで、僕のサラリーマン生活もあえなく3ヶ月で終わりを告げたというわけだ。

待遇が、まずまずだったこともあって、その時僕は、“給料をもらうということは、こんなに楽でステキなことだったのか!?” と心底驚いた。そして、多いに楽しんでいたのだけど、、、。それでも僕は、その後も1年ほど住んで、気になる患者さんを診ていた。80年代の頃である。

そんなご縁のある沖縄だった。沖縄の人々の持つ信じられないような優しさや、独特の文化に僕は魅了されていたのだ。

そのこともあったかも知れない。アメリカ在住のすみこさんから、沖縄戦時写真の返還を依頼されたとき、ためらわずにお引き受けしたのは、、、。

その後、沖縄には10年前に行ったきりだった。そして久しぶりに沖縄の土を踏んだ。僕を迎えてくれたのは、名護の精神病院で看護士や空手指導をされていた田島一雄さん。

その人柄は、患者さんにも、また若い看護士たちにも大人気だった。僕は今も尚、つながりを持っていたのだ。

沖縄の戦時写真については、僕は真っ先に田島さんに相談したのだった。

空港で出迎えた僕を田島さんが連れて行ってくれたのは、うる文化協会という、沖縄の文化を振興するところだった。田島さんも沖縄空手の普及者として関わっているという。

そして、そこの面々と沖縄戦時写真の返還事業について相談することになった。

そこで30年ぶりに会った人がいた。政治家になったミュージシャンの喜名昌吉さんだ。

IMGP1228

<うる文化協会で。左から、田島さん、喜名昌吉さん、高江さん、糸数さん>

喜名昌吉さんとは、黒潮祭というヒッピーのお祭りに僕が出演したときに、一緒にステージでセッションしたことがあった。

嵐の翌日だったか何かで、そのお祭りは彼も憶えていて、まあそんな話もしたが、うる文化協会はNPOユニの戦時写真返還プロジェクトを大変喜んでくれた。

それで今後、沖縄戦時遺品については、アメリカや本土の受け皿はNPOユニになり、沖縄の受け皿はうる文化になる、ということになった。

また、さらに今後の展開についても話し合った。戦時写真については、後日僕がまた出直して、あらためて記者会見をすることになった。

沖縄滞在期間中は、田島さんの空手教室で気心道を教えたりもした。

 

IMGP1231

 

その他にも、偶然の出会いがあった。首里城に向かっている電車の中で、何気なくFacebookを見ていた。すると、東京在住の昔の知り合い(河野秀海さん)が、「今、首里城にいる」と書き込みしているではないか!?  僕はこういう偶然が大好きだ。そこで、さっそく連絡を取り、再開した。

 

写真1

<社団法人「森になる」を主宰する浄土宗僧侶の河野秀海さんと、婚約者で心理学者の尾崎真奈美さん。お二人とも僕の音楽のファンになってくれていて、嬉しかったな! どうか、お幸せにー!>

5147_10201684626751399_673060346_n

 <秀海さんとは、十数年ぶりだった>

夜は、田島さんが不思議な店に連れていってくれた。

写真2

(超レトロな店。沖縄にはこういう不思議なところがあるから大好きである)

 

0
Posted in |